「わくわく」に行動がついていかない人の解決策

わくわくするプロジェクト」がある一方で、目の前のタスク・言い訳・思い込みで行動ができない人が、まずすべきこと。

こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

僕が校長を務める人気教室学園ではよく話をするのですが、「わくわくするプロジェクト」って、わくわくする一方で、それを始めようとすると、

・膨大なエネルギー
・膨大な時間

を要します。

これ、わくわくが大きければ大きいほど、エネルギーも時間も必用とします。

でも、「わくわくするプロジェクト」って、大抵の場合、ストレス無く実行に移せます。

なぜなら、僕たちは「わくわくするプロジェクト」が浮かんぶと同時に、一心不乱にそれに集中できるエネルギーも湧いてくるからです。

ですので、あえて、今日までのルーティーンの生活の中から、

・膨大なエネルギー
・膨大な時間

を準備しなくても、「わくわくするプロジェクト」は実現することができるのです。

seagull-1209257_1920
 

しかし・・・

中には、「わくわくするプロジェクト」が浮かぶ一方で、

・目の前のタスク
・でもだってという言い訳
・私にはソレができるはずがないという思い込み

によって、行動できない人がいます。

これらの人は、

「あのプロジェクト、やりたいんですけど、時間がなくて・・・」

とか

「実は、周囲の人にあのプロジェクトのことを話したら、反対されて・・・」

とかいう言い訳を、常にしています。
 

「それ、私です!!」という人に、お知らせです。

あなたのようなタイプの人は、

・目の前のタスク
・でもだってという言い訳
・私にはソレができるはずがないという思い込み

によって、あなたが、あなたの時間とエネルギーを犠牲にしてまでそれを本当にやりたいのか、試されているのです。

そもそも論で、本当にあなたが「わくわくするプロジェクト」を実行したければ、周りの人に相談したりすることはありません。

だって、人の意見とかは基本的にどうでも良くて、あなたは、ただ単純に「わくわくするプロジェクト」をやりたいんだから。

でも、あなたのこれまでの経験で、

・目の前のタスク
・でもだってという言い訳
・私にはソレができるはずがないという思い込み

によって、行動が起せない・起こさないことがあるので、

「あのプロジェクト、やりたいんですけど、時間がなくて・・・」

とか

「実は、周囲の人にあのプロジェクトのことを話したら、反対されて・・・」

とかいう言い訳に、行動の足を引っ張られるのです。

これまで、数百人のコンサルティングワークをしてきた僕には分かるのですが、この「言い訳」をしている人は、100%前進しません。

 
ということで、言い訳に、行動の足を引っ張られがちの人は、まずは、「3日間は言い訳をせずに行動」をしてみましょう。

まずは、3日間。

それができたら、7日間。

コレもできたら、21日間という具合に、少しずつ日数を伸ばしながら、「言い訳をせずに行動」を実行してみましょう。

21日間コレができたあなたは・・・きっと「行動できる自分」に巡り会えていますから。

 

0   0   0   0

人脈作りや集客に効果的なSNSとは?

SNSと一言に言っても、実はプラス面もマイナス面も色々なのです。

こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

皆さんは、日頃SNSって、何を一番使っていますか?

僕は、facebook・・・とい言いたいところですが、FBは殆ど使っていませんで、一番使っているのは、Twitterです。

network-1150082_1920
 

僕は、コンサルティングワークと別途、複数の教室も主宰していますが、これら教室で活躍するコーチや、未来のコーチと繋がるのも、基本Twitterです。

ちなみに、Twitterといえば、先日の熊本の震災でも、現地での情報収集にはTwitterが一番の大活躍でしたよね。

SNSと一言に言っても色々

昨今、あちこちでSNSという名称を耳にすると思いますが、SNSと一言に言っても、実は色々です。

例えば、上記にご紹介したTwitter。

Twitterは溜まらないSNS媒体ですが、拡散力が飛び抜けて早く強いSNSです。

だからこそ、災害時にも活躍するんですよね。

続いて、facebook。

facebookは、新旧の知人友人と繋がったり、一度の出会いを継続させたりするには、効果的なSNSです。

しかし、だからこそ「自分自身がfacebookでは誰とつながっているか」をよく理解して情報配信をしないと、1つの配信が、人との縁を切ることに繋がり兼ねません。

また、facebookで行うネガティブな発信は、あなたの他者評価を確実に下げます。

これは、覚えておきたいことです。

年齢別にも使うSNSが異なる

上記に書きましたが、僕が教室事業で活躍する未来の学生コーチと繋がるSNSは、断然Twitterです。

その理由は、大学生が使う主なSNSがTwitterだからです。

主対象がTwitterを使うから、僕らもTwitterを使うのです。

すると、出会う確率が高いんですね。

これ、超大切です。

上記のポイントは、僕やあなたが主に使うSNSは何かは、意図的に対象とする人と出会うことに関しては、一切関係が無いということです。

この理論で言うと、「流行っているから」という理由だけでInstagramを使うとか、もはや意味不明なわけです。

まとめ

facebookを見ていると、よく「facebookで集客!」というコンテンツがゴロゴロ転がっていますが、あなたが使うべきSNSは、

・繋がりたい相手の年齢層
・繋がりたい相手が主に使うSNSは何か


をしっかりとリサーチする必用があるわけです。

facebookを使えばいいとかよくないとか、そういう話では無いのですね。

 

0   0   0   0

プレイヤーとしての実力 < 指導者としての実力

ですが、指導者としての実績がない教室講師にとって、「プレイヤーとしての実力(結果)が最初の集客の説得力」になります。

こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

知らない方はびっくりするかもしれませんが、僕の出身大学は、日本体育大学です。


 

今はどうかわかりませんが、僕が学生の時は、日本体育大学のバスケットボール部は、1軍から5軍までありました。

5軍の人は、1軍〜4軍の練習が終わってからの練習となりますので、練習開始が23時〜などでした。

すごい世界ですよね。(笑)

ちなみに、僕が全力でサポートしても、日体大のバスケ部の5軍の選手を、MBA選手にすることはできません。

僕にも、できることとできないことがあります。

しかし、日体大のバスケ部の5軍の選手が「バスケットボール教室」で独立開業し、自身の生計を成立させることのお手伝いは、僕にとって朝飯前です。

ちなみに、これって、日体大のバスケ部の5軍の選手が行動さえしてくれれば、100%実現することができます。

これが、教室事業を興す面白さです。

日体大5軍の選手は誰向けの教室を開講できるのか

日体大のバスケ部の5軍の選手が、バスケットボール教室を開講する場合、

・地域のちびっ子
・全国大会を目指す中学生
・大学でもバスケットボールを頑張りたい高校生

などを対象に、教室を開講することができますね。

逆を言うと、日体大5軍の選手が、教室開講当初に対象にできないのは、

・日体大1軍〜4軍の選手
・上記レベル他大学の選手
・上記レベル以上の選手

くらいなわけです。

自分の実力(結果)が最初の「説得力」

日体大のバスケ部の5軍の選手が、

・日体大1軍〜4軍の選手
・上記レベル他大学の選手
・上記レベル以上の選手

は、対象にできないものの、

・地域のちびっ子
・全国大会を目指す中学生
・大学でもバスケットボールを頑張りたい高校生

なら、生徒対象にできる理由は、指導者としての実績がない教室講師にとって、「プレイヤーとしての実力(結果)が最初の集客の説得力」になるからです。

ちなみに、

・日体大1軍〜4軍の選手
・上記レベル他大学の選手
・上記レベル以上の選手

についても、「教室開講当初に対象にできない」と、書きました。

これ、どういうことかというと、教室開講後、その教室から、全国で活躍する中学生や高校生を数多く育てることができたら・・・講師自身のプレイヤーと実力は「日体大5軍」でも、

・日体大1軍〜4軍の選手
・上記レベル他大学の選手
・上記レベル以上の選手

の指導をすることも、できるようになるということです。

プレイヤーとしての実力 < 指導者としての実力

つまり、指導者にとって大切なモノは、「プレイヤーとしての実力」ではなく、「指導者としての実力」だということです。

また、指導者としての実力が身につくと、その講師にとってプレイヤーとしての実力は、「ただの過去の産物」になります。

ということで、内容をまとめますと、

教室講師は、「教室開講直後等で指導者としての実力が無い場合」は、プレイヤーとしての実力で勝負する。

また、指導を重ね「指導者としての実力がついた場合(生徒の結果がでた場合)」は、指導者の実力で勝負をする。

 

です。

あ、これって、スポーツ教室以外でも全く同じ、もっと言うと、教室事業はもちろん「個人事業全般」で同じことが言えますので、この考え方は、よく理解しておいて下さいね。

 

2   0   0   0

買い手はみんな気づいている、売り手の+α

「職務としてやるべき行動」+αの「α」の違いが、売れる商売人と売れない商売人の違い

こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

いつも大きな荷物を持ってタクシーに乗る時に、2人のドライバーさんに出会います。

taxi-1184799_1280
 

一人は、停車とともにトランクを開けて、運転席から急いで出てくるドライバーさん。

もう一人は、「トランク開けますかー?」から始まって、「はい、お願いします。」と言うと、トランクは開けるものの、本人は降りてこないドライバーさんです。

 
前者のドライバーさんにご一緒いただいた時は、「どうも有難うございます。●●までお願いします。」と、お話します。

しかし、後者のドライバーさんにご一緒いただいた時は、「不親切なドライバーさんだな。」と思いながらも、特にそれは口にせず、ただ「●●までお願いします。」と、お話します。

あなたなら、どちらのドライバーさんにご一緒いただくと、嬉しいですか?

これ、当然「前者」ですよね。

こんなことって、考えなくても分かります。

しかし、人は「売り手」になった瞬間に、気が付くと後者のドライバーさんになっていたりするのです。

売り手の一手間の違い

上記事例で学びたいことは、

・ちょっとした文句はいちいち声になって売り手には聞こえてこない

ということと、

・「この人すごくいい!」と思われたり、「この人不親切だな。」と思われたりするのは、ほんの少しの売り手の一手間の違いにしか過ぎない

ということです。

だって、運転席から急いで出てきて、荷物をトランクに入れてくれるドライバーさんも、こちらから言わないとトランクさえ開けないドライバーさんも、職務としてやるべきは、「目的地までお客さんを移動させること」ですよね。

当然と言えば当然ですが、これは、前者も後者も行うわけです。(社内が快適かどうかは別として。)

にも関わらず、前者は「またこの人にお願いしたいな。」と思い、後者は「この人にお願いするのはもう辞めにしよう。」と、思いますよね。

ここが、重要なわけです。

「職務としてやるべき行動」+αの「α」

この両者を分けてるのは、「職務としてやるべき行動」+αの「α」の部分です。

ちなみに、この「α」は、いい場合も、よくない場合も、売り手の耳には、あまり声となって聞こえてきません。

でも、この「α」こそが、売れるか売れないかの境目なのです。

あなたなら、どんな「α」が提供できるか

この視点で考えると、売り手が考慮すべきは「職務としてやるべき行動」+αの「α」の部分だということが、よく分かります。

買い手があなたを指名買いするかしないかは、あなたが提供する「α」次第ということですね。

あなたの商売ではどんな「α」が提供できるか、是非じっくり考えてみましょう。

ここは、時間をかけて考えるべきですよ。

 

1   0   0   0

副業を認めている企業は3.8%

昔は「10年一昔」、今は「3年一昔」

こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、NHKニュースで、「副業を認めている企業は3.8%」という記事がありました。

この時代にこの数字って・・・日本経済が良くなるわけ、無いですよね。

僕に言わせると、この時代に「認められないと副業すらできない」と言う現実がアウト。

大学の先生でも副業が当たり前なこの時代、個人が会社に縛られるなんて、ただの足カセでしか無いです。

credit-squeeze-522549_1280
 

ちなみに僕は、「これからの人生は一人1業種」とか法律で決まったら、速攻で海外逃亡します。(笑)

「働き方」は親世代と違って当たり前

僕は、日々大学生との交流があるのですが、彼・彼女らを見ていると、「就職」に関しては、親の意見をふんだんに取り入れる人がとても多いです。

これ、当たり前といえば当たり前なのでしょうが・・・それをすると、現実の厳しさに早々に直面することになります。

何が厳しいのかというと、「就職に対して意見をくれる親世代が働いていた社会」と「学生がこれから飛び込む社会」の違いです。

親世代が働いていた社会では、

・銀行の破綻
・行政の破綻

なんて、100%ありえませんでした。

しかし、現代はこれが普通にあります。

また、親世代が働いていた社会では、

・終身雇用

が当たり前でした。

これは、終身雇用をすることで、しっかりと退職金がもらえ、且つ、十分な年金がもらえたからです。

でも、現代は、この2つが両方共ありません。

この視点で考えると、親世代の意見をふんだんに取り入れて就職することは、大変危険な航海への船出だということに気がつくでしょう。

時代のスピードを読み取ろう

一昔前は、「10年一昔」と言って、10年毎に時代を振り返ると、なんとなく時代の移り変わりを意識することができました。

世の中の流れが、そのくらいのスピード感だったわけです。

これに対し、現代は「3年一昔」時代といえるでしょう。

現代は「3年」という短時間で、

・業界を制覇することもでき
・無かった産業で沢山の雇用を生み出すこともでき
・新しく始めた仕事で3年前とは異なる経済力をつける

ことも、可能な時代です。

このスピード間は、いま誰にも止めることができません。

また、このスピード感だからこそ、現代は「個人」が台頭できるのです。

そんなスピード感の中で何を考え何の行動をするか

そんなスピード感の現代では、「何を考え何の行動をするか」で、人生が大きく変化します。

以前、「重圧の波でサーフィンを楽しもう!」という記事を書きました。

これ同様に、今の時代で生きるあなたは、「時代の波でサーフィンを楽しむ」ことも、大切です。

まずは、時代の波を感じて、その波でパドリングをしてみましょう!

 

1   0   0   0