これが、自分の思い込みと、世間の検索ワードの『ズレ』です。

あなたの「キーワードに対する思い込み」は今すぐ捨てよう!


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

昨日は、人気教室学園東京校授業でした。

o0480036013501286146
昨日の授業では、「ママは中学英語で大丈夫!親子で0から始めるバイリンガル子育て」の船山直子先生から、
直さん、わたし、バイリンガル子育てというワードには、やっぱり抵抗があります。

私は、英語ペラペラです。

そして、やっている事は、英語子育てのやり方講座です。

でも、バイリンガル子育て講座ではないんです。

だって、わたし、バイリンガルじゃないし。

というお話がありました。

これ、意味わかりますか?

わかりませんよね。(笑)

皆さんにわかりやすいように、このお話を結論からご説明します。

直子先生は、「バイリンガルは私の10倍英語が上手!」という思い込みがあたので、「バイリンガル」というワードに強い抵抗があったのです。

だから、
私は、英語ペラペラです。

そして、やっている事は、英語子育てのやり方講座です。

でも、バイリンガル子育て講座ではないんです。

という、意味不明な発言をされていたのです。(笑)

ちなみにこれを、『自分の思い込みと、世間の検索ワードのズレ』といいます。


インターネットチャンネル(ブログ等)を作る上で大切なのは、

・売り手の言葉(キーワード)に対する思い

ではなく、

・未来のお客さん(生徒さん)が、どういう言葉(キーワード)であなたに辿り着くか

です。

ちなみに、昨日の授業で、会場にいる学園生に挙手をお願いしたところ、

「英語子育て vs バイリンガル子育て」

では、「英語子育て教室」と聞いて、直子先生が何屋かピンとくる人が0人だったのに対し、「バイリンガル子育て教室」と聞いて、直子先生が何屋かピンとくる人が24人でした。(笑)

『自分の思い込みと、世間の検索ワードのズレ』が、明確ですね。


こういうズレは、軌道修正が大切です。

でも、一人で仕事をしていると、中々これができません。

しかし、人気教室学園のような、同じ思いでビジネスを学ぶ仲間がいる場では、こういう軌道修正が1秒で完了します。

だって、挙手の結果が、「0 vs 24」なんだから。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする