今日の自分の間違えをちゃんと否定すること、できてますか?

客数や売上が減ってきたなって、今気づいたことではないですよね?

自営業1年生村上さん
齊藤さん、実はわたし去年より売上下がってるんです。でもどうしたら良いのかわからないから動けなくて。

さいとう
そういう人、多いと思います。ちなみに、村上さんはなぜその状況になったのですか?

自営業1年生村上さん
なぜって・・・わかりません。
私としては正しいと思うことをやっているのですが・・・。

さいとう
村上さん、それですよ、それ。自分がやっていることを正しい前提でいると、そのループからずっと抜けることができないんです。


新記録や優勝を掴んだスポーツ選手がその後も進化する理由


新記録や優勝を掴んだスポーツ選手が、その後も進化できる理由って何だかご存知ですか?



この理由は「今の自分をちゃんと否定できるから」です。

「新記録はだした。優勝はした。でも完成形の僕からすればこれが足りない。」

を、新記録を出しても、優勝しても、ちゃんと自分でみつけるんですよね。

ストイックですよねー。

でも、このストイックさがあるから、スポーツ選手は上へ上へと進むことができるんです。

今の自分をちゃんと否定することってとても大切


ここまでストイックになれとは言いませんが、自分ビジネスも今日より明日を良くするためには、今の自分をちゃんと否定することってとても大切です。



例えば、上記村上さんのように、去年より客数や売上が減っているという人、多いと思います。

でもそれ、今月急に始まったことではないですよね?

「あれ、なんか減ってるな」って、実はチョット前から(人によってはだいぶ前から)感じていましたよね。

その時に、自分をちゃんと否定して「今の自分は予定とずれてる。なんでこうなったのか?」って考えられると、この時点で自分の修正をはじめることができます。

でもこれが、やたらめったら難しい!!

それもそのはず、だって自分は正しいと思ってやってきた結果が今日なんだから、自分で自分を否定するということは、めちゃくちゃ難儀なのです。

簡単に自分を否定できる方法は無いの?


では、簡単に自分を否定できる方法は無いのか?

これ、あります。

簡単に自分を否定できる方法、それは「他者に否定してもらって、それをちゃんと受け止めること」です。



ここを見るとわかると思いますが、齊藤のグルコンメンバーさんって業種が偏ってないのに、みんなそれぞれの分野で活躍しています。

その秘密が、「齊藤がする否定をちゃんと受け止めるから」。

例えばあなたは、この記事を読んでどう思いますか?



胸になんか刺さりますよね。

チクって、しますよね。

そのチク、グルコンメンバーさんは、日々のコンサルティングでプスプス齊藤に刺されます。

この痛み、嬉しいか嬉しくないかでいえば、嬉しくないです。

でも

①この痛みをまず知る
②何で痛いのかな?って考える
③痛くなった理由を潰す


という4ステップを踏まないと、この痛みは消えないんです。

ちなみに、上記4ステップで最も重要なのは、①の痛みを知ること。

これが自分でできないから、みんな気がついたら「去年より客数が少ない!売上が少ない!」ってことになるんですね。

齊藤はなぜ怖いと言われるのか


齊藤はよく「怖い」と言われますが、コンサルティングで怒鳴ったり吠えたりしたことは一度もありません。(←ふつう)

また、胸ぐら掴んだり、机を蹴ったりしたことも一度もありません。(←当たり前)

じゃ、何で怖いと言われるのか。

それは「ちゃんと否定するから」だと思います。



否定されるって嫌ですよね。

あ、否定といっても、齊藤があなたの容姿や生き方を否定することはありません。

齊藤がちゃんと否定するのは、商売をする上での誤った考え方や判断です。

今年もいよいよあと3.5ヶ月となりましたが、あなたは今の自分を否定してなりたい自分になりますか?それとも、今の自分を大切にして成り行きに身を任せますか?

「自分で自分を否定するのは難しいけど、他者がちゃんと否定してくれたものは受け止めることができます!」という方は、グルコン11期でご一緒しましょう。あなたがちゃんと否定されるチャンスをつかめるのは、残3日です。

追伸、齊藤公式LINEの登録もお忘れなく

2019年4月から各地で新LINE@(LINE公式アカウント)勉強会を手掛ける齊藤のLINEはこちら。
※新LINE@(LINE公式アカウント)の正しい使い方が学べるので、見て勉強してください。(←タダです。)
line
https://line.me/R/ti/p/%40srp3371a

ユーザー検索が便利な方は @srp3371a を検索ください。

質問や感想をどうぞ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする