事例紹介・シニアヨガスペシャリストの開沼美樹先生

シニア向けマガジンに特集にイオンでのレッスン開催!


ビジネスプロデューサーの齊藤直です。

本日は、学園生でシニアヨガスペシャリストの開沼美樹先生をご紹介します。

180611・ゆうゆう手帖・読者用

ご覧頂いた通りなのですが、先日開沼先生は「ゆうゆう手帖」というシニア向けマガジンに特集されました。

o0400056714211739119-1

シニアヨガの開沼美樹


ご存知の通り、ヨガってものすごく領域が広いエクササイズです。

shutterstock_515885956

その領域はあまりに広いため、エクササイズの領域を飛び越えて、一つの文化圏ができそうな勢いでもあります。

そんな広大な領域を自分の仕事フィールドとする場合は、どうやって尖ればいいのでしょうか?

答えは簡単で、その領域で仕事をするための対象(お客さん)をセグメント(分割・区分・分類)すればいいのです。

対象のセグメント方法


ちなみに、対象のセグメントは無闇矢鱈にすればいいといわけではありません。

そこには「勝算」があることが大前提です。

shutterstock_1016393509

例えば、開沼先生の場合には、

・既存生徒さんをプロファイリングしたらシニア層が沢山いた
・数件ではあったものの高齢者施設での指導も行っている
・世の中「シニア」に属する方が増える一方(少子高齢化)
・上記シニアの健康ブームは勢いを増している
・レッスンでは健康だけではなく「出会いや交流」の提供ができる


という背景を元に、開沼先生の対象をシニアにセグメントしました。

こういうことは、一般的には教えてくれないことかと思いますが、各業種業態でうまく言っている人は、みんなこれをやっています。

イオン葛西店でシニアヨガレッスンを開催


上記のご紹介した開沼美樹先生、先日はイオン葛西店からのオファーで、「シニアヨガレッスンinイオン葛西店」を開催しました。

o0400030014224385778
o0400030014224385863

告知期間が殆ど無い中での開催だったにもかかわらず、会場には沢山の方がご来場され、

・ヨガ、と聞いて難しいのかな、と思ってましたが、意外と自分でも出来ちゃってびっくり!

・ずっと椅子に座ってポーズをとっていたのに、汗をしっかりかけました

・自分の筋力不足も実感できたので、家でもポーズ取ってみます。


という嬉しい声をいただくことができました。

どんな業界でもあなたが尖る要素はある


上記事例でお分かりのことと思いますが、文化圏ができそうな程大きな領域でも、その中で尖る術はあります。

shutterstock_747539488

つまり、ヨガという領域で開沼先生が行ったことは、あなたの領域であなたにもできるということです。

そのために必要なことは、あなたが仕事をする領域であなたが尖るための要素を見つけ出すことです。

今日は、いいチャンスですから、あなたが仕事をする領域であなたが尖るための要素を是非ノートに書き出してみて下さい。

このワークから、あなたのサクセスストーリーが始まります。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする