「大きな結果を生むこと程、やるべきことは地味」な法則

世の中をイノベーションしたいなら「派手じゃないこと」を、頑張れ!


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

よく学園生には、話をするのですが、

・大きな結果って地味な作業の積み重ね

でしか、ありません。

これは、事実です。

これが事実なのにも関わらず、多くの人は、大きな結果を出した人を見ると、「一体、どんな必殺技を使ったんだろう。」って、考えます。

3513f8c01576826a07345413767b4286_m

はっきり言いますが、商売(ビジネス)で結果を出すための必殺技って、ありません。

「100 × 1」ではなく、「1 × 100」


先日こちらに「ブログのアクセスって、「100 × 1」ではなく、「1 × 100」なのです。」と書きました。

これ、商売(ビジネス)の結果も、同じです。

商売(ビジネス)の結果って、「100 × 1」って、まずありえません。

つまり、一発ホームランは、無いということです。

ブログのアクセス同様、商売(ビジネス)の結果も「1 × 100」

つまり、地味な1を100個できた人が、100の結果を得ることが出来るのです。

どんなに小さな結果でも、100集まるとすごい結果に見えますよね。

でもね、そのすごい結果は、1が100個積み重なった結果でしか、ないのです。

「一発逆転ホームラン」は?


こういうお話をすると、決まって、「そうは言いますけど、一発逆転ホームランがあるじゃないですか。」という声が、必ず聞こえて来ますので、先に解説をしておきますね。

えと、一発逆転ホームランは、「逆転」と言っているだけあって、それ以前に上手くいかなかったこと(=結果がでなかったこと)が山ほどあるのです。

ちなみにこの「上手くいかなかったこと(=結果がでなかったこと)」の期間には、ぼーっとしていた訳ではなく、あの手この手で試行錯誤していたんですよね。

でも、上手くいかなかった。

そして、最後の最後で、大きなヒットが打てた。

これが、「一発逆転ホームラン」です。

発明は全部「一発逆転ホームラン」


毎日の生活で、僕達が当たり前に使っている

・電気
・電話
・飛行機

などの発明は、全て「一発逆転ホームラン」ですよね。

何をやっても、上手くいかない。

昨日もだめで、今日もだめ。

でも、諦めること無く、ゴールを目指す。

その結果たどり着いたのが、

・電気
・電話
・飛行機

なわけです。

そして、今日の僕達は、これらの発明をしてくれた先輩の大きな恩恵を受けているのです。

あなたが得る商売(ビジネス)の結果は、あなただけのものでは無い


これ、あなたの商売(ビジネス)も同じです。

何をやっても、上手くいかない。
昨日もだめで、今日もだめ。

という状態でも、

諦めること無く、ゴールを目指す。

をすれば、あなたの商売(ビジネス)はきっと、大きな結果を手にするでしょう。

また、それと同時に、商売(ビジネス)で大きな結果を手にすると、あなたがそのゴールにたどり着くことができたがために、その恩恵を受けられる沢山の人と、出会うことが出来るでしょう。

あなたが得る商売(ビジネス)の結果は、あなただけのものでは無いのです。

是非、未来に出会う沢山の人のために、今日も頑張って下さい!

まとめ


ということで今日は、「大きな結果を生むこと程、やるべきことは地味な法則」というお話でした。

ちなみに、僕が校長を務める「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」では、地味なことは100も1000もお伝えしていますので、是非毎授業で、一つ一つを学んで、あなたの地肉にして下さいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする