「できる」と「教えられる」は全くの別物

投資家と経営者=指導者と選手


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

先日「商売は実践知」というお話しをしました。


商売は「実践知」




今日は、これの続きです。

「できる」と「教えられる」は、全くの別物


よく、自分ができることを他人(ひと)に教えようと考える人がいます。

shutterstock_372347731

そして、こういう人の多くが、「自分はできるのに、教え子はできない」ということに悩みます。

これ、僕からすれば「当然の結果」です。

なぜなら、「できる」と「教えられる」は、全くの別物だからです。

実践知という言葉を使って解説をするなら、自分ができることを他人(ひと)に教えようと考える人は、

・自分ができるだけの実践知は備えている
・しかし、他人(ひと)に教えるだけの実践知は備えていない


のです。

つまり、「自分はできるのに、教え子はできない」は、当然の結果なのです。

他人(ひと)に教えるための勉強とは?


では、他人(ひと)に教えるためには、どのような勉強をしたら良いのでしょうか?

これは、「教える教え方を0から学ぶ」しか、方法はありません。

shutterstock_380566771

スポーツを例に具体的にお話しをすると、「教える教え方を0から学ぶ」ためには、

1.指導力のあるコーチや監督に弟子入りする
2.そのコーチ・監督が選手に何を伝えているのかを毎日コーチ・監督の側で聞く
3.選手の動きを見て自分なら何をどう指導するかを考察する
4.自分の考察と師事しているコーチ・監督の考察の違いを理解し書き出す
5.自分の考察と師事しているコーチ・監督の考察を合致させる
6.自分の考察を磨く数稽古を始める


という具合です。

面白くないですか?

上記6項目は教える教え方を0から学ぶ前半部に過ぎませんが、この中に「選手にできる自分を見せる」という項目が無いのです。

ここからもお分かりいただけることと思いますが、「できる」と「教えられる」は、全くの別物なのです。

投資家と経営者=指導者と選手


ちなみに、「できる」と「教えられる」は全くの別物なので、

「できる」に向いている人

「教える」に向いている人

に別れます。

余談ですが、村上世彰先生が、ご自身の著書「生涯投資家」の中で、『投資家(株主)と経営者(社長)は、役割が異なり、投資家(株主)に向いている人もいれば、経営者(社長)に向いている人もいる。』といった趣旨のお話しをされていました。


生涯投資家

41uOPZ6ZKmL._SX353_BO1,204,203,200_

¥1,863
Amazon.co.jp


僕はこれを読んで、「投資家と経営者の関係は、指導者と選手の関係もによく似ているな。」と、思いました。

ごく稀に、「いい選手がいいコーチ・監督になった」ということもありますが、それは、本当にごく稀なこと。

一般的には、「いい選手=いいコーチ・監督ではない」のです。

私はどっち?


ここまでの話を読むと、「私は、どちらに向いているのか?」という疑問が湧いてきますよね。

ということで、今日はこれについて考えてみましょう。

あなたは、選手向きですか?コーチ・監督向きですか?

shutterstock_580048861

僕は、圧倒的にコーチ・監督向きです。

圧倒的に、コーチ・監督向きなので、ビジネスプロデューサーとして、沢山の皆さんの商売のお手伝いができているのです。

さて、あなたは、選手向きですか?コーチ・監督向きですか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする