商品を先につくるバカ

「商品」とは、問題を埋める「穴埋め剤」でしかありません。


末っ子の授業参観に行ったら同級生の女の子から「えっ、●●(息子名)のお父さんですか?●●に似てるー!ウケるー!」と言われた齊藤直です。

ウケていただき光栄ですが、僕が息子に似ているのではなく、息子が僕に似ているのです。

さて、最近グルコン生には耳タコレベルで話している「商品を先につくるバカ」という話。

商品とは


入学したばかりのグルコン生はよく「●●を売りたいのですが、どうしたら売れますか?」と質門をしてきます。

shutterstock_1077839543

「これ、何がいけないの?」というあなたは、以下をよく読んで下さい。

「商品」とは、問題を埋める「穴埋め剤」でしかありません。

穴埋め剤でしかないという事は、穴がなければ使い道がないということです。

つまりは、穴埋め剤をつくるより穴を見つけるのが先で、その穴は

・どんな大きさなのか
・どのぐらいの深さなのか
・どんな形をしているのか


をしっかりとリサーチすることが重要です。

①がリサーチで②が商品づくり


こういう話をすると、「卵が先か鶏が先かみたいなお話ですね!」と揚々と言う人がいますが、それは全く違います。

明らかに「穴を見つけるのが先」です。

shutterstock_205232620

穴を見つけるのが最も重要なのに、みんなこれをせずに穴埋め剤(=商品)をつくるから、商品の販売をしたけど売れない!と嘆くのです。

それ当たり前なんです。だって、穴埋め剤が穴の形に合ってないんだから。

売れるも売れないも説明できることが重要


ここまででなんとなくわかるかもしれませんが、商品が売れるときにも売れないときにも「理由」があります。

これについてお話しておくと、商売人としてヤバいのは「売れない理由がわからないこと」。

shutterstock_1354473563

売れる理由がわからないのも十分ヤバいですが、売れているので状況は良いわけですよね。

これに対し、売れない理由がわからないというのは、

①商品が売れないからお金が入ってこない
②次回の対策が何もできない


とWで困ることになります。

こうならないためにも重要なのが、売る前の・商品をつくる前のリサーチ。

やるべき順番を書くと、

①リサーチ
②商品作り
③販売準備
④販売


です。

これやっていない人は、商品が売れなくて当然なので、ぜひ今日からやってみて下さい。

追伸、齊藤公式LINEの登録もお忘れなく

2019年4月から各地で新LINE@(LINE公式アカウント)勉強会を手掛ける齊藤のLINEはこちら。
※新LINE@(LINE公式アカウント)の正しい使い方が学べるので、見て勉強してください。(←タダです。)
line
https://line.me/R/ti/p/%40srp3371a

ユーザー検索が便利な方は @srp3371a を検索ください。



質問や感想をどうぞ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする