「変われる人」と「変われない人」

結論から言いますと、「変われる人」か「変われない人」かは、凡人のうちから勝負がついています。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

僕は、世の中には2種類の人間がいると思います。

その2種類とは、

・変われる人



・変われない人

です。

ちなみに、変われない人については説明する必要がないと思いますので、今日は「変われる人」について解説してみたいと思います。

woman-316825_1280

変われる人が変わる前


仕事をしていると、数年のうちにみるみる急成長をする人っていますよね。

こういう人の「変わった後」の姿は、いま目の前にいるその人なのでよくわかりますが、この人が「変わる前」の姿は、多くの人が目にしないと思います。

では、「変われる人の変わる前の姿」とは、いったいどんな感じなのでしょうか。

これ、答えから言いますと、至って普通です。(笑)

違う言い方をすると、凡人。

では、なぜ凡人が「変われる人」になれたのでしょうか?

それは、「その人の行い」にヒントがありそうです。

変わる為のステップ


結論から言いますと、「変われる人」か「変われない人」かは、凡人のうちから勝負がついています。

どういうことかというと、「変われない人」は『どうせ私は思考』が強いので、凡人の時に何かに挑戦することがない、もしくはそのチャンスがとても少ないです。

これに対し、「変われる人」は『次は私が!思考』が強いので、凡人の時からアレコレ挑戦を繰り返します。

この挑戦の数こそが「変われる人」になるためのステップなのです。

変わる為のサーフィン


また「変われる人」は、目の前に来たチャンスでサーフィンをするのがとても上手です。

「変われない人」は、『●●さん、このプロジェクトお願い。』と仕事を振られた時に、どうにかこうにか言い訳をして逃げようとしますが、「変われる人」はその逆。

「変われる人」は、そういうチャンスが来たら、必死のパッチで仕事をこなし、自分の能力の120%を発揮します。

そして仮に、その仕事が失敗したとしても・・・めげずにまた次のチャンスを待ちます。

ちなみに、「変われる人」のそういう姿を、見ている人は見ているのです。

そしてそうした人が、「変われる人」にまた次のチャンスをくれるのですね。

気がついたら変わってた


これを繰り返しているうちに、凡人だった「変われる人」は、「変わった人」になっているのです。

これは、将棋の「歩」が「ト金」になる感じです。

必死のパッチでもがいていたら、

自分の能力が変わってた!
実力が変わっていた!
みんなが自分を見る目が変わっていた!


という状況です。

「変われる人」も朝日が昇ると同時に変わる・・・的にドラマチックに変わるのではなく、気がついたら、そんな自分になっているのですね。

変わった自分を認める


ちなみに、「変わった人」も時として凡人に戻ることがあります。

これは、凡人時代の自分が変わった自分の後ろ髪をひくときです。

「私は、こんな年収をもらっていいはずがない。」
「私は、こんなにちやほやされていい分けがない。」
「私は、こんなに美味しいものを食べていいはずがない。」


と、変わった自分を認めない人がいます。

こういう人は、「変わった人」になっても、程なくして凡人に戻ります。

つまり、「変わった人」として居続けるには、変わった自分を認めるという作業が大切なのです。

まとめ


ということで今日は、「変われる人と変われない人」というお話でした。

さて・・・あなたは「変われる人」ですか?「変われない人」ですか?

また、あなたは、変わった自分を「認めることができる人」ですか?それとも、変わった自分を「認めることがでない人」ですか?

今日は、これを考えてみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする