変化の激しいこの時代は、躊躇することにリスクがある

時代の波でサーフィンを楽しむ一番のポイントのは「未来をみながら今日の仕事を進めること」


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

変化の激しいこの時代は、躊躇することにリスクがあります。

ということで、時代と自分の変化にびびらず、変化の波でサーフィンすることを楽しんでください。

boy-921980_1280

「現状にとどまる」という選択が一番リスキー


今の時代って、恐ろしく変化が激しいです。

2年前まで「ありえなかったこと」が、今日では「できて当然」だったりします。

たとえば、SNSやスマホアプリでできることなんて、正にそう。

こういう時代には、「現状にとどまる」という選択が、一番リスキーです。

特に、「商売の YES NO」を自分で決めている個人事業者は、「現状にとどまる」という選択は危険というか、自殺行為に等しいです。

なぜなら、

現状に留まる
 ↓
新しいものには手を出さない
 ↓
わからないことが1つまたひとつと増える
 ↓
気がついたら世の中の置いてけぼり
 ↓
挽回の余地なし


となるからです。

ちなみにこれは、スマホアプリ等の「ツール」はもちろん「事業進行」にも言えること。

商人(事業者)には「時代を読み解く嗅覚」が必要


商売(事業)って、時代の波に合わせて行うことが大切です。

なぜなら、時代よりだいぶ先の事をしようとすると、時代に(世間に)バッシングをされ、時代より送れたことをしようとすると、時代に(世間に)見向きもされないから。

商売(事業)って、時代の波にドンピシャで合わせないと「ヒット」は産めないのです。

つまり、商人(事業者)には、「時代を読み解く嗅覚」が必要なのです。

ちなみに、この「時代を読み解く嗅覚」は、会社さんほど敏感で、大企業はもちろん中小企業も、早すぎる時代の変化に振り落とされまいと、必死のパッチで新しい企画を出しています。

なぜなら、会社さんは、時代の波に振り落とされると「何をやっても売れない」というブラックホールに吸い込まれることを、知っているから。

であるならば、個人事業者のあなたも、時代の変化にビビってないで、時代の波でサーフィンを楽しめるようにならないといけませんね。

未来をみながら今日の仕事を進める


あ、結論を先にお伝えしておきますと、時代の波でサーフィンを楽しむ一番のポイントのは、「未来をみながら、今日の仕事を進めること」です。

今日の仕事は、昨日までのソレを振り返りながらしていると、危険です。

どうぞ、「たどり着きたい結果」を見ながら、今日の仕事を進めてください。

そして、「たどり着きたい結果」に向かう過程で襲い掛かってくる時代の変化にびびらずに、その波でサーフィンを楽しんでくださいね。

今の時代、躊躇することは「リスク」ですから。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする