「生徒さんから●●という意見を頂いたのですが、これは教室に採用すべきですかね?」

生徒さんの意見は徹底的に聞く、しかし、その意見を教室に採用するかどうかは、教室の全体構成や展望を含め、講師の●●さんが熟考してから、意思決定する。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、人気教室学園の学園生から、

「生徒さんから●●という意見を頂いたのですが、これは教室に採用すべきですかね?」

と、質問をもらいました。

img_report01_02
これ、いい質問です。

ちなみに、僕の答えはこちら。
生徒さんの意見を聞くというのはとても大事です。

しかし、それらの意見一つひとつに反応していたら、軸のない(ルールがブレブレの)教室になってしまいます。

それでは、本末転倒。

ということで、

・生徒さんの意見は徹底的に聞く

しかし

・その意見を教室に採用するかどうかは、教室の全体構成や展望を含め、講師の●●さんが熟考してから、意思決定する

としましょう。

と、お話しました。


例えば、僕が主催する「知的・発達障害児のための個別指導の水泳教室」では、「他地域でも開催して欲しい!」という声が、よく上がります。

これ、僕もしたいです。

しかし、教室の運営、コーチの確保、年間予算などを考えると、

「計画はするものの、実行は今すぐではない。」

ということが、多々あります。
・生徒さんの意見は徹底的に聞く

しかし

・その意見を教室に採用するかどうかは、教室の全体構成や展望を含め、講師の●●さんが熟考してから、意思決定する

が、教室運営では大切です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする