商人の為のゴール設定とゴールまでにたどり着くためのステップづくり

宇仁菅綾先生、圧倒的な結果で4期大阪校MVPEを受賞!


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

先日12日、人気教室学園大阪校の授業がありました。

同日は、4期大阪校の最終授業。

ということで、MVPE(学期最優秀生徒賞)を発表しました。

4期大阪校のMVPEは、「可愛いフェイクスイーツ教室ayapeco(あやぺこ)関西・大阪・神戸」の宇仁菅綾先生でした。

21761362_1520647841358169_3632533151233104647_n

MVPE受賞理由


宇仁菅先生は、4期学園生として人気教室学園に入学。

4月-8月のわずか5ヶ月間で、

・スクール(21万)の0期生が満席
・新講座(62800円)が38名、即日満席
・スクール1期生が満席
・関東や中部、四国などから兵庫県に続々と生徒様がお越し下さる
・8月レッスン155名満席
・9月レッスン159名満席
・生徒様がメイン講師デビュー


を、達成。

また自宅教室であるにも関わらず、8月には年商1,000万円を軽く越えました。

21740123_1520647881358165_3809268183734982721_n

ということで、宇仁菅先生には次なるミッションを伝え、既に次なるゴール(本人には途方もないと思えるゴール)に迎えって、歩きはじめてもらっています。

つまり、4月から今日に至るまで、ずっと歩を止めずに事業経営をされているのです。

これ、口で言うのは簡単ですが、行動するのはとても難しいこと。

寝る時間を惜しんで、生徒さんの為、業界の為に、6ヶ月を一気に駆け抜けられたのが、MVPEの受賞理由でした。

宇仁菅先生には途方もないと思えるゴール


ちなみに、新たに設定した「宇仁菅先生には途方もないと思えるゴール」は、僕が設定しました。

shutterstock_411972601

なぜなら、宇仁菅先生は確実にそれを達成できるだけのポテンシャルがあるから。

僕のビジネスプロデュースという仕事は、クライアント(メンバーさん)の代わりに将来を見て、そこにたどり着くステップを準備する仕事です。

4期で上記素晴らし結果を達成した宇仁菅先生は、今年3月の時点で今の自分を1mmも想像できなかったそうです。

しかし、宇仁菅先生は事実として、上記を達成しました。

なぜ、宇仁菅先生はこれができたのでしょう?

その答えは、宇仁菅先生が僕の設定したゴールを目指して、僕が準備したステップを信じ、1段1段確実に登ってくれたからです。

常に事業が進展している人の秘密


上記、宇仁菅先生の事例でお分かりかもしれませんが、商売(事業)は、確かなるゴール設定と、そのゴールまでにたどり着く明確なステップを見つけることが大切です。

shutterstock_426398659

常に事業が進展している人、気がついたらとんでもない事業結果を出している人は、日々これを普通に行なっています。

ちなみに、僕が校長を務める「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」では、僕がゴールと道筋を設定する役割で、学園生がそのステップを歩む役割です。

宇仁菅先生上記ゴールが達成できたことを「自分でも信じられません!」とお話されていましたが、僕にしてみれば「ほら、ゴールできたじゃんね。」という感じです。

だって、そうなるようにステップを用意しているのですから。

たどり着きたいゴールの設定方法


ここまでのお話しを読んで、想像がついているかもしれませんが、商売(事業)は『ゴール設定とゴールからの逆算』がとても大切です。

ちなみに、たどり着きたいゴールはどのように設定したら良いのでしょうか。

それについては、昨年書いた「今の延長線上に『こんな風になれたらいいなというあなた』は居ない」という記事が参考になろうかと思いますので、是非併せて読んでおいて下さい。

今の延長線上に「こんな風になれたらいいなというあなた」は居ない



まとめ


ということで今日は、「商人の為のゴール設定とゴールまでにたどり着くためのステップづくり」と題して、4期大阪校MVPEを受賞された宇仁菅先生の事例を元に、ゴール設定とステップづくりの重要性についてお話しをしました。

今日や明日の積み重ねでは、たどり着きたいゴールにはたどり着きません。

積み上げ算は昨日まででおしまいとして、今日からは、「たどり着きたいゴールからの逆算」をして下さいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする