今の延長線上に「こんな風になれたらいいなというあなた」は居ない

神様という仕事は、「本気で腹をくくれる人」しか相手にしない商売だと思う。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、


という投稿を、Twitterにしました。

これ、どういう意味か、わかりますか?

birkenau-402324_1280

今日の延長線上には、超上手くいって、今あなたが想定できるあなたしかいない


よくよく考えれば当たり前なことなのですが、今日の延長線上には、超上手くいって、今あなたが想定できるあなたしかいません。

でも、多くの場合、「今あなたが想定できるあなた」にもなりません。

それは、「今あなたが想定できるあなた」を手に入れるために、あなたが毎日を120%で頑張っていないから。

毎日を120%くらいで頑張ると、「今あなたが想定できるあなた」に出会えます。

でも、毎日を80%くらいでしか生きていないと、「今あなたが想定できるあなた」にさえ、出会うことはできません。

今は想像もつかないけど、こんな風になれたらいいなというあなた


今日の延長で明日を過ごし、明日の延長で明後日を過ごし、そうしたペースで1年が過ぎても、そこには1年歳をとったあなたがいるだけで、1年前のあなたより、進化したあなたはいません。

もし、あなたに「今は想像もつかないけど、こんな風になれたらいいなというあなた」がいるなら、今のレールとは、違うレールをあるき始める必要があります。

今「ドキッ!」とした人は、今のレールとは違うレールが、きっともう見えている人です。

なりたい未来からの逆算


結論から言いますと、「今は想像もつかないけど、こんな風になれたらいいなというあなた」は、今日の延長線上にはいませんので、未来から召喚する必要があります。

召喚っていうと、妖怪を呼ぶみたいですが(笑)、そうではなく、

・何年何月までに
・今は想像もつかないけどこんな風になれたらいいなというあなた

になるのかを、決めるだけです。

これは、決めればいいので、今日の今日できますね。

そして、これができたら、次は、そこから逆算をしてください。

この逆算をすると・・・「こんな風になれたらいいなというあなたから逆算してきたあなた」と、「今日ここにいるあなた」が、異なるタイムライン上で出会いますよね。

その異なるタイムライン=異なるレール なのです。

この異なるタイムライン(異なるレール)が見えたら、あとは、見えちゃった新しいレールに乗るか乗らないかの判断をするだけです。

もしここで、「こんな風になれたらいいなというあなたから逆算してきたレール」に乗ることができれば、「今は想像もつかないけどこんな風になれたらいいなというあなた」が、いきなり射程圏内に入ります。

「平々凡々」とはいかない


ちなみに、新しいレールに乗って「今は想像もつかないけどこんな風になれたらいいなというあなた」に会いに行く冒険は、平々凡々な道・・・なわけは、ありません。

基本、イバラしかない道です。

ですので、「こんな風になれたらいいなというあなた」には、今日までの当たり前の生活を続けたまま会えるとは、思わないでください。

ちなみに、今日までの当たり前のライフスタイルを崩して新しいレールに乗るって・・・怖いし、不安だし、面倒ですよね。

良くわかります、僕も何度もその怖さを体験したので。

でもね、その怖さって、僕は「神様の試験」だと思うんです。

神様が、「どう?むっちゃリスクあるけど、こっちに道行く?自分、本気でこっち行く?」って、神様が聞いているんです。

きっと、神様も「本気で腹をくくれる人」しか、相手にしない商売なんでしょうね。(笑)

決めるのはあなた


ここまでを読んだら、未来から逆算してきたレールが見えている人は、もう自分に言い訳ができませんね。

あとは、あなたが、今乗っているレールをあるき続けると決めるか、新しいレールに乗ると決めるか、2つに1つです。

是非、じっくり考えてみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする