「面倒くさいこと」が目の前に来たら「チャンス!」と叫べ!

ブログも餃子の皮包みも、丁寧にやれば、丁寧にやっただけの見返りがある。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

自慢ですが、僕は「餃子の皮包み」が得意です。

silesian-791329_1920

餃子の皮包みは、小さい頃の僕の日曜夕方の仕事でした。

日曜日の夕方は、決まって、芸能人同士が料理をつくる昭和な料理番組をみながら、200個近くの餃子の皮包みをするのです。

この餃子の皮包みって、実は奥が深い!

餃子の皮って、適当に包むと、中の具が漏れます。

また、適当に包んだ餃子は、ちょっとしたことで破け、中の肉汁がでちゃって、結果おいしくないのです。

だから、面倒くさいんだけど、それを面倒くさいと思わずに、1つ1つを丁寧に、且つ、素早く包むことが大切です。

ブログ作りも同じ


「面倒くさいと思わずに、丁寧に、素早く!」ってブログ作りも同じです。

ブログって慣れないと、

・型にそって書く
・書く→直す→書く→直すの繰り返しをする
・改行等の体裁を直す


などの作業が、いちいち面倒くさいし、邪魔くさいし、もう誰かやってよ!!ってなりますよね。

でもね、誰もやってくれないんです。

それにね、「誰か」じゃなくて「あなた」が書くからこそ、ブログって意味があるのです。

学園生は、耳タコだと思いますが、ブログは「個」、つまり「あなた」が、『行間』や『写真』から滲みでることに、意味があるのです。

だから、

・型にそって書く
・書く→直す→書く→直すの繰り返しをする
・改行等の体裁を直す

って、めんどくせー!!!

と言う前に、まずは数稽古をして「書き方」を身につけちゃった方が、確実にいいのです。

餃子の皮包みみだって、初めはめっちゃ時間がかかりますが、慣れてくれば、昭和な料理番組が終わる前に、200個くらい余裕で包めるようになりますからね。

(つまり、餃子の皮包み200個くらいなら、30分もかかんないで出来るようになるよっていう意味。解説をつけるなら、それを書けよと、自分でも思います。笑)

面倒くさい=チャンス


ちなみに、数年前に開催した「アメブロ成功ノウハウ暴露セミナー『私たちはこうやってブログ集客に成功しました!』DVD」では、何度もお話しをしていますが、面倒くさいことって、チャンスです!

なぜなら・・・

面倒くさいことは、みんなやらないから。

「これ、本当に重要ですので、きょうからやって下さいね!」って、100回言っても、面倒くさいことって、みんなやらないのです。

なぜなら、面倒くさいから。(笑)

だから、面倒くさいことって、「ただそれをやるだけで」もの凄いチャンスが目の前に来るんです。

ですから、今日からは「面倒くさいこと」が目の前に来たら「チャンス!」と叫んで(笑)、その面倒くさいことを今スグやる癖をつけてみましょう。

本当にやるんだよ


ということを、今知っても、やらない人は、やらないのです。

ということで、もしあなたが、どうしても商売を成功させたいと思っているのでしたら、「面倒くさいことってやった方がいいらしいよ」ではなく、今日この瞬間からマジでやってみてください。

「面倒くさいこと」が目の前に来たら「チャンス!」と叫ぶことから。(笑)

マジで、人生変わるから。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする