「わくわく」に行動がついていかない人の解決策

「わくわくするプロジェクト」がある一方で、目の前のタスク・言い訳・思い込みで行動ができない人が、まずすべきこと。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

僕が校長を務める人気教室学園ではよく話をするのですが、「わくわくするプロジェクト」って、わくわくする一方で、それを始めようとすると、

・膨大なエネルギー
・膨大な時間


を要します。

これ、わくわくが大きければ大きいほど、エネルギーも時間も必用とします。

でも、「わくわくするプロジェクト」って、大抵の場合、ストレス無く実行に移せます。

なぜなら、僕たちは「わくわくするプロジェクト」が浮かんぶと同時に、一心不乱にそれに集中できるエネルギーも湧いてくるからです。

ですので、あえて、今日までのルーティーンの生活の中から、

・膨大なエネルギー
・膨大な時間


を準備しなくても、「わくわくするプロジェクト」は実現することができるのです。

seagull-1209257_1920

しかし・・・

中には、「わくわくするプロジェクト」が浮かぶ一方で、

・目の前のタスク
・でもだってという言い訳
・私にはソレができるはずがないという思い込み


によって、行動できない人がいます。

これらの人は、

「あのプロジェクト、やりたいんですけど、時間がなくて・・・」

とか

「実は、周囲の人にあのプロジェクトのことを話したら、反対されて・・・」

とかいう言い訳を、常にしています。


「それ、私です!!」という人に、お知らせです。

あなたのようなタイプの人は、

・目の前のタスク
・でもだってという言い訳
・私にはソレができるはずがないという思い込み


によって、あなたが、あなたの時間とエネルギーを犠牲にしてまでそれを本当にやりたいのか、試されているのです。

そもそも論で、本当にあなたが「わくわくするプロジェクト」を実行したければ、周りの人に相談したりすることはありません。

だって、人の意見とかは基本的にどうでも良くて、あなたは、ただ単純に「わくわくするプロジェクト」をやりたいんだから。

でも、あなたのこれまでの経験で、

・目の前のタスク
・でもだってという言い訳
・私にはソレができるはずがないという思い込み


によって、行動が起せない・起こさないことがあるので、

「あのプロジェクト、やりたいんですけど、時間がなくて・・・」

とか

「実は、周囲の人にあのプロジェクトのことを話したら、反対されて・・・」

とかいう言い訳に、行動の足を引っ張られるのです。
これまで、数百人のコンサルティングワークをしてきた僕には分かるのですが、この「言い訳」をしている人は、100%前進しません。

ということで、言い訳に、行動の足を引っ張られがちの人は、まずは、「3日間は言い訳をせずに行動」をしてみましょう。

まずは、3日間。

それができたら、7日間。

コレもできたら、21日間という具合に、少しずつ日数を伸ばしながら、「言い訳をせずに行動」を実行してみましょう。

21日間コレができたあなたは・・・きっと「行動できる自分」に巡り会えていますから。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする