「空気は写真から漏れる」を理解しよう。

文章で言うと、写真は「行間」です。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、学園生に

「空気は写真から漏れるんですよ。」

と、お話しをしたら、ひどく頷いていました。

frogs-903167_1920

写真って、「何が写っているか」よりも「何がにじみ出ているか」の方が圧倒的に大切です。

文章で言うと、写真は「行間」に値すると、僕は考えています。

行間って、「ただの隙間」ではなく、前文章の「余韻」を味わってもらう空間ですよね。

ですので、いい文章を書く著者さんは、文章を書く行と同様に、「行間」も意図的に使っています。

これ、写真も同じ。

写真は「何が写っているかが大事」という人は、ただ単純に被写体を写真に収めます。

しかし、写真は「何がにじみ出ているかかが大事」だと思っている人は、「にじみ出ているもの」をシャッターに収めています。

f89e4d00087da93659013037350c6dd1


「空気は写真から漏れる」のです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする