数日・数週間前に書いた記事の続きを書くときの手順

「前編」と「後編」は、どれだけ間があいてもいいのです


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

先日のグルコン(コンサルメンバーさん専用勉強会)で、
直さん、メルマガにブログの続きを書く時って、ありますよね。

あれをやる時って、ブログを投稿した直後にメルマガを発行するといいんですか?


と、ご質問を頂きました。

これって、要は、「続編記事を書くときの「前編」と「後編」の時差はどのくらいあってもいいのか」ってことですよね。

これ・・・

どのくらいあっても、いいです。^^


例えば、昨日僕が書いたこれ。

この記事の冒頭で、

先日、こちらの記事で「ご参加メンバーさんのオフ会レポートの中で、ある方のレポートがぶっちぎり素晴らしいオフ会レポートなんです。」とお話しました。

と書いて、「前編記事」にリンクをしていますよね。

ちなみに、前編記事は、6日前に書いた記事です。

僕は、1日に3記事くらい更新するので、6日前に書いた記事は、とっくの昔に流れてしまっている記事で、且つ、みなさんの記憶からも薄れている記事だということができます。

でもね、こうして「後編記事」の冒頭で、まず「前編記事」を読み直してもらえば・・・

ある日突然「後編記事」を書いても、問題なく、話の続きができますよね。


ポイントは、「後編記事」の冒頭で、まず「前編記事」にリンクを張って、前編記事を読み直してもらうということです。

これ、ブログでもメルマガでも同じなので、是非やってみて下さーい!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする