誰に何を教わるか。

インターネット時代に必要な「カモられない」ための技術とは?


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、トレーナーの先生が、

「この間、太っちょの男性が、綺麗な女性にトレーニング理論を語ってるのを見て、びっくりしました。」

とお話くださったので、

「売れない講師が、売れるブログの作り方とかを教えているこの時代、それはそれでありなのかもしれません。(笑)」

とお返事をしたら、笑っていました。

995d88625e5d3ea43a1b0fd25c090b7b_m

誰に何を教わるか


今も昔も、ホンマモンの先生がいて、パチもんの先生がいます。

こと、ブログやSNSで簡単に自分チャンネルが作れるこの時代、「講師」になるのなんて、簡単なわけです。

だって「講師です」って名乗れば良いのですから。(笑)

こんな時代は、「買い手」もバカでは務まりません。

買い手は、その講師の実力がモンマモンかどうか、きちんと見抜く力が無くてはいけないのです。

大人は「誰に何を教わるかを選べる」ので、買い手が講師の実力を買う前に見抜くって、とても大切です。

これができないと、簡単に「ボッタクられる」わけです。

騙される方も十分悪い


よく、「●●協会の資格を取るのに、●円かかりました。なのに全然仕事になりません!」という話も、よく聞きます。

これ、あちこちで訴訟も起きているようです。

でもね、ぼく、思うんです。

確かに、協会ビジネスって、非常に良くないモデルです。

でもね、「安易にその協会の資格に飛びついたあなたのはあなたで、そのあなたにも、十分非はあるのです。」

考えてみてください。

2・3日で取れる資格で十分商売ができるなら、世の中で働くサラリーマンは、全員その資格を取得します。

そのディプロマがあることで十分商売ができるなら、世の中で働くサラリーマンは、全員とっくの昔に独立開業しています。

ちょっとよく考えれば、「その資格をとっても意味ないよね。」ということは、わかるはずなのです。

にも関わらず、

「私もキラキラしたい!」
「私も自宅で空き時間に稼ぎたい!」
「パートとかじゃなくて先生と言われながら毎日仕事がしたい!」


と、幻想ばかりを追いかけたために、あなたは「ぼったくり資格」にたどり着いたのです。

ですので、あなたにも、十分非はあるのです。

結果ではなく何気ない「日々何を発信」を読め!


では、どうすると「ボッタクリ資格・講師」に出会わないで済むのでしょうか。

これは簡単で、協会や講師が出している

・こんな人がこうなりましたー!

という結果『ではなく』、その協会の代表や講師が何気なく日々綴っている、

・ブログ
・メルマガ
・SNS

の配信をよく観察して、その配信内容には、

・信念があるのか
・一本筋が通っているのか
・確固たる自信と実業に対するプライドはあるのか

を、しっかりと読み解くことです。

文章って適当書くことができるように思いますが、ブログよりメルマガ、メルマガよりSNSと、媒体がプライベートになればなるほど、文章には人間性や生き方がにじみ出ます。

その為、あなたが着目する人の配信媒体をくまなくチェックすれば、その人の人となりが、必ず見えてきます。

買い手は、資格や講師に飛びつく前に、その人の発信を十二分にチェックする必要があるのです。

まとめ


ということで今日は、「騙す方も悪いけど、騙されるあなたも十分悪い。」というお話でした。

繰り返しになりますが、誰もが先生・売り手になれるこの時代、買い手はバカでは務まりません。

カモられないためには、あなたの「見抜く力」を鍛える必要があるのです。

今日からは、「これいい!」と資格や講師に飛びつく前に、その人のチャンネル・発信を十二分にチェックしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする