学園生に伝えた「鐘は叩けば響くのです。」というお話し

つまるところ、なんだかんだ言っていた時は、「行動がなかった・足りなかった」わけです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、学園生に「鐘は叩けば響くのです。」とお話したら、えらく納得していたので、今日はコレを記事にして、皆さんにシェアしたいとともいます。

120503823849816213174

「鐘は叩けば響く」とは?


僕が、学園生に「鐘は叩けば響くのです。」という一文で伝えたかったこと、それは、

・行動をすれば結果は出る

ということです。

先日、なんだかんだ言うものの、行動がついてこない学園生がいたので、

「来月の今日までに、自分の事業で100万円稼ぐことが出来なかったら殺します。」と言われたとしたら、●●さんは、今日から30日間どういう行動をするのか、全部書き出して下さい。

次に、そこに書きだしたものの、最初の7日分を有無言わずやって下さい。

7日後、その結果を報告して下さい。

と、お話しをしました。

そうしたら・・・

・わずか7日で売上が上がり
・新規のお客様も増え
・会員さんも増えた


ということが、ありました。

これって「やるべき行動をすれば、結果は出る」ということですよね。

つまるところ、なんだかんだ言っていた時は、「行動がなかった・足りなかった」わけです。

鐘は叩けば、響くのです。

まずやる


なんだかんだ言うものの、行動がついてこない人って、「できるだけ最小労力でゴールに辿り着こう。」という思いがあります。

しかし、最小労力でゴールに辿り着ける方法は、基本的には無く、もし仮にあったとしても、それができるのは、コンコチコンに泥臭い努力をした人だけです。

下積みに、ワープなんて無いのです。

ですから、細かな結果も出ていない人は、

・何をどの順でやるか

を考える前に

・まずはいまできる行動をする、徹底的にする。

を繰り返してみましょう。

「行動の速さ=結果の出る速さ」ですからね。

先輩に聞いてみる


ちなみに、「行動を初めてから」ですが、自分と同じ道を歩いたであろう先輩に、どんな行動をして今に至るのかをインタビューしてみるのもいいでしょう。

結果って、めっちゃ泥臭い行動の上にだけ現れる「塚」みたいなものです。

ですので、先輩の話を聞くと、

「あぁ、本当にワープなんて無いんだな。いまやっているこれを必死のパッチでやるしか無いんだな。」

と、行動意欲がメラメラ出てくると思います。

ということで、是非、行動しながら「自分と同じ道を歩いたであろう先輩は誰か」のリストアップも、してみてくださいね。

他者のつくった「塚」の下を見てみる


ちなみに、泥臭い行動の上にだけ現れる「塚」の下の泥臭い部分をしっかりと見て欲しいので、僕が校長を務める人気教室学園では「実践報告会」を開催しています。

先週開催した大阪報告会では、「●●さんの発表を聞いて、その凄さに吐きそうでした。」なんていう声も聞こえてきました。(笑)

泥臭い行動って、普通人には見えないようにするので、その行動ををしると、確かにそういう気分になりますよね。

でも、これを学ぶって、とても大切なことです。

なぜならそこには、「先輩が行動した結果得られた失敗」が沢山ありますからね。

今週水曜日には、東京の実践報告会があります。

東京では、どんな「塚の下」が見えるのか、今から楽しみです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする