齊藤直流:日曜日の過ごし方

僕は365日、時間と空間に縛られない行き方をしています。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

今日は、日曜日ですね。

ということで、ご家族とゆっくりお過ごしの方も多いことと思います。

pastry-1116140_1920

僕はというと・・・今日は対面コンサルティングがあったり、所用があったりで、終日家を出ています。

僕は、基本的に、曜日に固定されたルーティーンが、仕事でもプライベートでもありません。

子どもが生まれた当初は、土日の仕事(教室仕事)を必死のパッチで頑張らないと食べていけなかったので、「土日に家にいる」なんていうことは、ありえませんでした。

そして、月日が立ち、現場を任せることができるようになってきたので、一度「土日は家にいる」ということを試みたのですが、家族も僕も、お互いに「なんでいるの?」みたいな感じになり、土日に僕がいると、家族も僕も、土日が有意義でないことが分かりました。

この経験を元に。

今は、土日でも、平日と変わらない1日を過ごしています。

平日と変わらない1日とは、朝早く起きて、仕事も遊びも全力でこなし、夕食は家族とゆっくりとる

という1日です。

もちろん、土日は子どもたちもいるので、子どもたちとも遊びますが、

・だらだらとテレビを見る
・ぼーっとする
・何ご飯なのかわからない時間にご飯を食べる


ということは、まずありません。

ちなみにこれ、旅行先でも同じです。

例えば、我が家も夏休みには家族で旅行に行ったりしますが、旅行先でも、僕は朝早くおきて、仕事をしています。

なぜなら「やりたいから」(笑)

これ、中々人には理解されませんが、僕はやりたくて今の仕事をしているので、旅行中だろうが、お正月だろうが、やりたければ仕事をします。

むしろ、個人的には、そういう空気感(リゾート独特の空気感)で仕事をするのが、とても好きです。

理由は、日頃見ない景色や空気を味わいながら仕事をしていると、日ごろとは違うクリエイティビティーが働くからです。

ちなみにこれをしていると、リゾートで働く皆さんには、「朝早くからお仕事大変ですね。」と声をかけられますが、大変ではなく、楽しんでいるので、むしろ最高です。(笑)

人にはあまり理解されませんが、僕はこんな生き方をしていて、今日も仕事をしながら、自由な日曜日を過ごしています。

あなたは、どんな1日を過ごされていますか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする