5年を振り返って腑に落ちる「1万時間の法則」

1万時間の法則は、確かにある。でも、その1万時間は、自分の頑張り次第で短期に達成することが出来る。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日11日で、東日本大震災からまる5年が過ぎました。

東日本大震災は、とても大きな災害でしたので、誰もの記憶に新しく、つい先日起きたことのようにも、思えてなりません。

11日、「あれから5年」というニュースを見ていて、僕も5年前の自分を振り返ってみました。

すると、自分でもとても驚くべきことが判明しました。

なんと、5年前の3月は、ブログを一切書いていなかったのです!


僕がブログを始めたのは、5年前の5月でした。

しかも、当初始めたのは、1つのアメブロ。

あれから今日まで4年10ヶ月全力で走って、やっと今ここにいるということです。

今では、

・ブログで意見や情報を発信する
・ブログで自分をかってもらう
・ブログで商品やサービスの魅力を伝える


ということを、人に伝える仕事をしていますが、そんな僕も5年前の今頃は、ブログのブの字も知らない人でした。

これって、やっぱり1万時間の法則はあるということですね。


4年10ヶ月全力で走って今ここにいると思うと、

「もっと全力で走れただろう!」

という自分と、

「これからの5年は今までの倍のスピードで走ってみよう!」

という自分がいます。

1万時間の法則は、確かにある。

でも、その1万時間は、自分の頑張り次第で短期に達成することが出来る。

そんなことを、深く感じた5年目の春でした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする