一夜にして・・・の一夜は「10年と一夜」

お客さん(買い手)に、「なぜ今回、これを買ってくれたのですか?」と、質問しましょう。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、学園生にお話したのですが、よく「一夜にして・・・」みたいなシンデレラストーリー、ありますよね。

これ、ドラマチックなので、「一夜にして・・・」なんて言われ方・書かれ方をしますが、その事実は、

・10年と一夜
・20年と一夜


なのです。

schutzengelchen-1690635_1280

商人(売り手)は、この事実をよくよく理解していなければ、いけません。

メガヒット


商売(ビジネス)では、よく「メガヒット!」何ていう言葉がありますが、「メガヒット!」も一夜にして・・・ではなく、沢山の年月の積み重ねの結果であることが、常です。

まぁ、稀に、本当になんとなく開発した商品が「メガヒット!」何ていうこともあるでしょうが、それって逆に「かわいそう」です。

なぜなら、「たまたまメガヒット!」だと、売り手が『なぜこれが売れたのか』を正しく分析できないので、売上が下がってきた時に、対処のしようが無いのですから。

これに対し、「少しずつ売れるようになってからのメガヒット!」の場合、売り手が『なぜこれが売れたのか』を正しく分析できているので、売上が下がりにくいですし、下がってきたとしても、対処のしようが10のも20もあるのです。

売れる方程式


商売をしていて、商品(サービス)が売れるときって、必ず理由があります。

商人は、その理由を明確にして、

●●で●●すれば、●●は売れる!

という、『売れる方程式』を見出すことが、重要です。

これ、わからなければ、お客さん(買い手)に、「なぜ今回、これを買ってくれたのですか?」と、質問をするといいです。

これ、アホな行為の様に見えますが、とても大事な行為です。

これをすると、大概、売り手が考える購入理由と「違う購入理由」が聞こえてきますから。^^

『売れる方程式』がわからない場合は、お客さん(買い手)に購入理由を聞く!が、重要です。

次回の販売準備をしよう!


買い手の購入理由が明確になったら、「次回の販売準備」を計画的に始めましょう。

次回の販売準備とは、例えば、

・次回の販売までに、ブログに何を書くのか
・次回の販売までに、ポップに何を書くのか
・次回は、いつどのタイミングで販売を行うのか

です。

買い手の購入理由が明確になると、次回の販売前に「その購入理由を持つ属性の人」を、意図的に集めることができますよね。

これができると、次回の販売は計画的に行うことができるのです。

まとめ


ということで今日は、「売れる方程式と買い手の購入理由」というお話でした。

商人(売り手)は、

「一夜にして・・・」
「たまたまメガヒット!」

を夢見るのではなく、買い手の購入理由を明確にして、売れる方程式を見出すことが、重要です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする