「個人事業者」が「大手」に勝つ方法

「事例=過去の事実」ですから、事例には、説得力がついてまわります。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

昨日の学園の授業でもお話しをしたのですが、「個人事業者」って「大手」より『フットワーク』が、圧倒的に軽いです。

このフットワーク力こそ、個人事業者の強みです。

jump-668948_1280

個人事業者のフットワーク


「個人事業者のフットワーク力」とは、例えば、今日思いついた新商品を、明日から販売できるということです。

こんなこと、大手には、絶対にできません。

でも、我々個人事業者はこれができますし、事実、商品が良ければ「即日バカ売れ」なんていうことも、あります。

つまり、個人事業者は大手のように

・時間をかけて、決裁を重ねて商品作りをする

なんていうことをしていては、いけないのです。

個人事業者にとっては、「まずやってみる」が、主たるキーワードになります。

フットワークは横にも縦にも活かせる!


ちなみに、この「個人事業者のフットワーク力」は、縦にも横にも活かせます。

例えば、個人事業者は、基本的に時間に縛られた生き方をしていませんので、「いついつ、どこでランチミーティングをしましょう。」というお誘いに、すぐに乗ることができます。

また、上記に書きましたとおり、今日思いついた新商品を、明日から販売することだって、できます。

これらは、全て「大手にはできないこと」です。

大手の社員さんは、勤務時間に自由に外出することすら、難しいですからね。

「個人事業者」が「大手」に勝つ方法


ビジネス(商売)の世界では、「大手」は巨額の広告費を投じて、マーケティング活動をすることができます。

一方、個人事業者は、これができません。

また、個人事業者が背伸びをして、広告費で大手に対抗すると確実に「即死」しますので、これは全くオススメしません。

では、「個人事業者は、大手に勝てないのか。」というと、そんなこともなく、個人事業者でも大手に勝てる方法があります。

その方法とは、「フットワーク力を活かして、事例を数多くつくること」です。

「事例=過去の事実」ですから、事例には、説得力がついてまわります。

個人事業者は、コレを利用するのです。

具体的には、

1.アイデアを具体化
2.とりあえずやってみる
3.失敗したら軌道修正
4.再トライ
5.成功事例を得る
6.コレを積み重ねる


です。

「あそこでも、ここでも採用されました、売れました!」という事例は、「世の中からいただいけた応援」ですからね。

個人事業者は、この「応援」を勝ち取ることで、大手に対抗することができるのです。

「まずやってみる」


つまるところ、先にも書きましたが、個人事業者にとっては、「まずやってみる」が主たるキーワードになります。

・まずはやってみて、転けそうなら軌道修正をする。

を、まずは今日、実践してみましょう!

1ヶ月に1つの新規プロジェクトを動かしたら、1年で12個の新しいお金の流れが生まれるってことですからね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする