未来のファンが一瞬にして去る恐怖の一言

お客さんは、あなたの商品を買う前に、あなたとの「呼応」を楽しみにしています


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

今日、とある駅前のラーメン屋さんに入りました。

ramen-727895_1280

お腹がペコペコだったので、食べるものは何でもよくて、駅前にあったラーメン屋に入りました。

中に入ると、ガラガラ・・・。

この時点で「あれ、まずったかな?」と思ったのですが、店主も気合入れて「いらっしゃい!」とか言ってくれたので、出づらく、食券を買うことに。

食券機の周りには、色々なラーメンのポップがあったので、店主に、

「おススメは何ですか?」

と聞いたら、

「全部です。」

と答えられ、イラっとしました。

「おススメを聞く人なんて、100%常連じゃないんだから、そんな人に食べさせる渾身の一杯くらい、準備しておけよっ!」

って、思ったのです。

ちなみに、僕はとんこつラーメンを食べたのですが・・・激しくおいしくない。(涙)

もう、あの店には1億パーセント、行きません。


これ、あなたの教室・サロン・店舗では、大丈夫ですか?

あなたの教室・サロン・店舗に素人が来た時に、まず買うべきものが明確だったり、おススメを聞かれた時に、答える準備はできていますか?

お客さんは、あなたの商品を買う前にあなたとの「呼応」を楽しみたいので、間違っても「全部です」なんて答えちゃ、だめですよー!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする