【会社化】あまりに当たり前過ぎて触れてこなかった事業を拡大するビジネスモデル

会社法人を持たない個人事業者の方は、その事業を「会社化」すると世界が変わります。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、学園の懇親会でお話したことです。

あまりに当たり前のモデルだったので例にあげていませんでしたが、事業を拡大するモデルは、

①協会化
②スクール化


の他に

③会社化

するという方法があります。

globalisation-1014524_1920

会社化とは?


このブログを読んでいる人は、「会社法人を持たない個人事業者の方」も多いと思いますが、会社法人を持たない個人事業者の方は、ある程度仕事が増えてくると、

・限界値

が見えてきますよね。

この限界値とは、
・仕事量の限界値
・稼働日数の限界値
・売り上げの限界値

等々です。

これらを打破してくれるのが、

①協会化
②スクール化


なわけですが、コレと別途、

③会社化

という方法もあります。

要は、社員さん(パートさん、アルバイトさんを含む)を雇って、自分はマネージャーになるのです。

これ、当たり前の前のモデルなので、これまで触れてきませんでしたが、「会社法人を持たない個人事業者の方」は、ご自身の事業を会社かすることで、できることの幅がぐっと広がります。

例えば、会社化することで自分が現場に出なくても良くなるのはもちろん、

・取引先が増える
・取引先の会社規模が大きくなる
・取引量と取引マージンが変わる


等々は、すぐに起こります。

ということで、会社法人を持たない個人事業者の方は、「自分の事業を会社化するとどうなるのか」を、考えてみましょうね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする