商売人が知っておかねばならない「時期」:例えば、お盆とボーナス期

お盆期間中は、基本、何を売っても売れません。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

なんか渋滞情報が多いし、電車は空いているなーと思っていたら、もうお盆休暇が始まっているんですね。

フリーランスで仕事をしていると、毎日が1/365なので、世間の休暇のタイミングをしばしば見逃します。(笑)

ちなみに、僕の中でお盆といえば、13日-16日なのですが、これってこの期間がお休みではなく、この期間を含めた5日間〜10日間くらいの休暇を取られる方が多いそうです。

ついでなのでお話をしておきますと、僕はつい2日前にセミナー募集をしていたので説得力がありませんが(笑)、通常、この時期は、何を売っても売れません。(観光地や帰省品関係は別)

なぜなら、生徒さん・お客さんが、オフモードに入っているからです。

ですので、お盆の期間は、販売系の記事を書くのではなく、ノウハウ系の記事や、レポート系の記事を書くといいです。


ちなみに、商売人にとって、お盆以上に「それはいつなのか」を明確に知っていなければいけない「時期」があります。

その時期とは・・・

「ボーナス期」です。

お勤めをしていると、ボーナスって、年に2回ありますよね。

夏に1回(大抵6月末)と、冬に1回(大抵12月末)です。

この時期は、お盆とは真逆に、基本、何を売ってもじゃんじゃん売れます。

この時期、重要ですよね!!

こういう時期を知っていると、
・お盆に売らずに
・ボーナス期には普段の2倍〜3倍売る


という戦略が立てられます。

その一方、こういう時期を知らないと、

・自分のペースで売る

しか方法がないので、ある時期は全く売れず、ある時期は飛ぶように売れるということが起き、それが何故なのか不明確なまま、商売を続けることになります。

商売人にとって、「時期を知る」と言うのは、とても大切なことなのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする