あなたのお仕事の「価格の比較対象」は、何ですか?

生徒(お客さん)の日頃の会話まで想像しよう!


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

突然ですが、質問です。

あなたのお仕事の「価格の比較対象」は、何ですか?

5秒でお答え下さい。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

答えは、出ましたか?

今、「価格の比較対象って、そりゃぁ、同業他社の●●さんでしょ。」と思ったあなた、キケンです!!

その思考は、常に、ご自身の商品(サービス)の価値と価格を、同業他社のソレを基準にしているということですよね。

それ、今すぐ辞めましょう。

「じゃぁ、正しい価格の比較対象って何なんだよ!」ってなりますよね。

これは事例でお話したほうがわかりやすいと思いますので、僕の事例をお話します。


僕は、障害者専門のスポーツ教室を現役で運営しているのですが、このスポーツ教室の「価格の比較対象」は、TDLです。

TDLって、TDLです!

そう、まさかの、

Tokyo Disney Land です!! Σ(゚Д゚)

0eb22f306f9e8e3ce6423e3fab52ec14 写真元:東京ディズニーランド


TDLの子どもの入場料って、4000 – 5000円ですよね。

ですから、僕の教室の参加費も、アンダー(最低価格)を4000 – 5000円に設定するところから、スタートしました。

僕は、教室に参加してくれる生徒に、お家で、
今度の日曜日、どこいく?

僕は、自転車教室がいい!

私は、ディズニーランドがいい!

えー、ディズニーランドはこの間行ったから、今回は自転車教室がいいよ。

じゃ、今回は自転車教室ね。その次は、ディズニーランドだよ!

みたいな会話をしてほしいな、こういう会話が生まれたらホンマモンだなーと思って、勝手ながら、僕の主催する教室の「価格の比較対象」は、TDLと決定したいのです。

僕のライバルは、ミッキーです。( ̄ー ̄)ニヤリ


これ、僕の教室の事例でした。

さて、今度は、あなたの番です。

あなたのお仕事の「価格の比較対象」は、何ですか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする