魚がいない池で釣りをしている人に魚が釣れる可能性

やっても意味が無いことを気合と根性で頑張るのは「趣味」で、やれば直ぐに結果が出ることから始めるのが「仕事」です。


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

例えがあまり良くないかもしれませんが、「理解してもらいやすい」ので、僕はよく集客を「釣り」に例えて、お話します。

問題です。

魚がいない池で、あなたは釣り糸を垂らしました。

fishing_boat
天気は快晴、やる気も満々、釣り竿もメーカー品です。

さて、魚は釣れるでしょうか?

1.粘れば釣れる
2.気合を入れれば釣れる
3.釣れない


正解は・・・

言わなくてもわかりますよね、「3の釣れない」が正解です。


ちなみにこのお話しを聞いて、「そんな人はいないよ!」と馬鹿にするかもしれませんが・・・

これって、「頑張っているんですが、全然お客さん(生徒さん)が集まらないんです!」という人の多くがやっている行為と同じです。

未来のお客さん(生徒さん)がいないところで頑張っても、100%、いえ、100000000パーセント、お客さん(生徒さん)は集まりません。


あ、これは余談ですが、上記釣りのお話で言うと、「釣り竿=ブログ」です。

ブログの良い悪いは、集客結果にほとんど影響しません。^^

やっても意味が無いことに力を入れるのではなく、やれば直ぐに結果が出ることから始めましょう。

やっても意味が無いことを気合と根性で頑張るのは趣味で、やれば直ぐに結果が出ることから始めるのが、仕事です。

仕事は、結果が全てですからね。^^

コンサルメンバーさん向け勉強会に参加できる権利が付いた「メールコンサルティング15期生募集」は、あと2時間で終了します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする