あなたは、お客さんと目を合わせることができていますか?

お客さんと目を合わすことができている=お客さんの「こうして欲しい!」がわかっている


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、朝起きて雨戸を開けたら、猫と目が合いました。

20120320_2897510

目が合うと同時に、お互いフリーズ。

僕と猫は、目と目でお互いを認識し合い、しばし、同じパラダイムを過ごしました。

きっと、1・2秒の出来事ですが、10分くらいに感じました。(笑)

結果はと言いますと、僕の眼力が勝ちました。( ̄ー ̄)ニヤリ

(ひょっとしたら、猫が飽きただけ、かも知れません・・・。)


ちなみに、この「目が合う」とうのは、

・お互いがお互いの存在を認識し合っている

ということですよね。

これ、商売でも大事です。

あなたは、お客さんと目を合わせることができていますか?


お客さんと目を合わすことができている=お客さんの「こうして欲しい!」がわかっているということです。

コレができている人は、ブログやメルマガの発信も、常にお客様視点で書けます。

その一方、お客さんと目を合わすことができていない、つまり、お客さんの「こうして欲しい!」がわかっていない人は、ブログやメルマガの発信がいつも独りよがりです。

個人事業者の独りよがりの発信って、完全にアウトですので、ぜひ今日は、「お客さんと目を合わせることができているか?」を、確認してみてくださいね。

ポイントは、日々の自分チャンネル(ブログやメルマガ)の発信に、お客さんからリアクション(反応)をいただけているかどうかですよー!こんな風に。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする