誰もが味わえるのに味わっている人が少ない「個人事業(自分会社)の3つの醍醐味」

皆さんが働いている日中の時間、基本的に僕は遊んでいます。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

今日は、個人事業(自分会社)の醍醐味って、

①会社に出社しなくていい
②何時に仕事をしても何時にビールを飲んでも怒られない
③社会人として必要なアイテム(スーツとかネクタイとか革靴とか)を買わなくていい

の3ですよね、というお話しです。

entrepreneur-593371_1280

一つずつ解説をしておきますね。

①会社に出社しなくていい


個人事業(自分会社)って、基本「出社」をしなくていいですよね。

つまり、個人事業(自分会社)は、「仕事はするものの「その仕事が、場所からは開放されている」ということです。

これって、会社員にはできないことですよね。

実体験からも、場所から開放されて仕事ができるって、人生が大きく変わります。

だって、場所から開放されるということは、沖縄にいても、北海道にいても、ハワイにいてもいいって言うことですからね。

ちなみに、僕は会社とNPOを経営しているので、いわゆる「事務所」というものはあります。

僕も、たまに行きます。

なぜ「たまに」なのかというと、僕の仕事は僕の事務所に紐付いていないからです。

僕の仕事は、Macが1台あれば自宅でもカフェでも、駅のベンチでもできます。

そのため、「その日集中できる環境」を選んで、僕は仕事をしています。

ちなみに、今は電車内です。(笑)

②何時に仕事をしても何時にビールを飲んでも怒られない


これも、個人事業(自分会社)の醍醐味ですよね。

何時に仕事をしても何時にビールを飲んでも怒られないということは、すなわち、「仕事が時間から開放されている」ということです。

僕は、コレを毎日存分に活用しています。

例えば、僕は大抵、朝4時台から仕事をはじめますが、8時台には、一度仕事を終えます。(笑)

その後は、

・午前枠
・午後1枠
・午後2枠


に分類して、このうちの1つか2つで仕事をしています。

人に僕の印象を聞くと、僕は24時間働いているイメージがあるみたいですが、実はあまり働いていません。

実は、「早朝だけ仕事をしてあとはずっと遊んでいる。」なんていうことも、よくあります。

③社会人として必要なアイテム(スーツとかネクタイとか革靴とか)を買わなくていい


これは、僕がとても気に入っている、個人事業(自分会社)の醍醐味です。

社会人として必要なアイテム(スーツとかネクタイとか革靴とか)を買わなくていいとは、つまり、「服装から開放されている」ということです。

日本では、小泉内閣時代に「クールビズ」がスタートしましたが、僕は、そのずい分前から「超・クールビズ」な毎日です。(笑)

人と会わずに仕事をする日の僕は、

・短パン
・Tシャツ
・ビーサン(ビーチサンダル)


です。

フリーターよりフリーな格好で仕事をしています。

ちなみに、コンサルティングワーク等で人に会う日は、

・ジーンズ
・Tシャツ
・靴


と、一般社会人からすると「ソレは私服だろ!」と怒られそうな格好で仕事をしています。

僕は「服装や装飾品で買われるコンサルティング」はしていないので、この数年はずっとスタイルです。

高級スーツを着て、ホテルのいい部屋でコンサルティングワークもいいのですが、これだと肝心な「アイデアとインスピレーション」がうまく働かないので、僕は「アイデアとインスピレーション」が働きやすい服装で、コンサルティングワークをさせていただいています。

まとめ


ということで、今日は、個人事業(自分会社)の醍醐味って、

①会社に出社しなくていい
②何時に仕事をしても何時にビールを飲んでも怒られない
③社会人として必要なアイテム(スーツとかネクタイとか革靴とか)を買わなくていい

の3つですよねというお話しでしたが、これはすなわち、個人事業(自分会社)の醍醐味って、

①場所からの開放
②時間からの開放
③服装からの開放


ですよね。

ということでした。

あなたも個人事業(自分会社)でお仕事をされているようでしたら、是非この3つ醍醐味が味わえることを、今日は再確認してくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする