「直さん、私この度、教育委員会さんから英会話講座の依頼をいただきました!」

公的な肩書はあなたを押し上げてくれます


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、学園生で「鎌倉英会話教室 ママの中学英語でできる!毎日を英語にする子育て」の船山直子先生から、「直さん、私この度、教育委員会さんから英会話講座の依頼をいただきました!」と、ご報告をいただきました。

スクリーンショット 2015-10-24 8.09.39


最近、こういう公的な依頼を受ける学園生が増えてきていて、ワクワクします。

ちなみに、こういう公的な依頼って、基本的にギャラが超安いです。

でもね、こういう依頼を受けると、

・鎌倉市教育委員会主催英会話講座・講師

って、今後ずっと経歴に書けますよね。

経歴って、自分を押し上げてくれるとても大切なもの。

ということで、公的な依頼は「無理がない範囲」で受けることが重要です。

ちなみに僕は、僕の第一専門分野である「障害者スポーツ」という分野で、国立学校の講師を、もう10年以上やっていますよー。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする