「やりたい病」に感染しているあなたへ

「直さん、私これがやりたいのですが、どうにもこうにも集客ができません!」


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

「直さん、私これがやりたいのですが、どうにもこうにも集客ができません!」

という方から、相談をいただくことがあります。

こうしたご相談をいただく都度、お話しているのですが、

「直さん、私これがやりたいのですが、どうにもこうにも集客ができません!」という『やりたい病』にかかっている状態でビジネスをすると、基本的にうまく行きません。

なぜなら、やりたい病にかかっているうちは、思考が全て「自分視点」でしかなく、自分の未来のお客さんが見えていないからです。

ビジネスって、「自分のお客さんは誰なのか」を見極めるのが、先です。

1.やりたい
2,誰がお客かわからない

という状態でビジネスをスタートするって、目隠しでバッターボックスに立つようなものです。

目隠しでバッターボックスに立っていたのでは、100年かかっても、打率3割打者には、なれないのです。

まずは、「自分のお客さんは誰なのか」を見極めましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする