結局のところ、なりたい未来は、自分が望んだ通りにしかなりません。

「体重なんて減らなくてもいい」という選択をしている人に食事制限をさせることなんてできない


こんにちは、人気教室づくり講師の齊藤直です。

コンサルをご一緒していて、

・ブログの型はできつつある
・未来の生徒さんと出会う行動もしている
・メルマガも始めている


「けど、売上が上がらない。」

というメンバーさんが、たまにいます。

こういうメンバーさんとは、その理由をみつけるため、徹底的にお話をするのですが、決まって、2つの理由にたどり着きます。

その2つの理由とは、
・切羽詰まっていない
・目標を達成しなくても実は困らない


です。

d2c2755a

1.切羽詰まっていない

切羽詰まっていないとは、基本的には「経済的」な理由のこと。
「教室を頑張って人気教室にしたい!」と口では言っているものの、ご主人の収入がしっかりしているなどの理由で、経済的には何ら困っていない。

という人は、自分にぱっぱをかけることができませんので、「売上が上がる」などの具体的な変化(望ましい現実)は、やって来ません。


2.目標を達成しなくても実は困らない

目標を達成しなくても実は困らないとは、経済的理由以外で「切羽詰まっていない」ということ。
目標はつくったほうがいいと言われたからつくった。
しかし、目標を達成しなくても実は困らない。

という人も、1同様に、自分を奮い立たせることができませんので、「売上が上がる」などの具体的な変化(望ましい現実)は、やはりやって来ません。


上記2つの理由にたどり着く人は、言い換えると、

・売上が上がらなくてもいい

という選択をしている人です。

意識的であれ、無意識的であれ。

「売上が上がらなくてもいい」という選択をしている人の売上を上げることは、「体重なんて減らなくてもいい」という選択をしている人に食事制限をさせることと同じです。

これは、僕にもできません。(涙)

なりたい未来は、自分が望んだ通りにしか、なりませんからね。^^



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする