LP戦略でコンバージョン率を高める為の「もう1手間」

公告からLPではなく、もう1クッション挟むという手間をかける。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい自営業者の為の人気教室学園」校長でビジネスプロデューサーの齊藤直です。

ブログやメルマガは、基本無料で集客ができるツールです。

shutterstock_520314613

事業の立ち上げ時には、この基本無料で使えるツールを徹底的に使って、集客を試みましょう。

また、事業がある程度回って来ると、決まって「広告(PCC広告、facebook広告等)」に興味を持ちますよね。

この時にやりがちなのが、

広告 → LP(ランディングページ(販売記事))

という導線作りなのですが、これ、もう1クッション挟むという手間を惜しまないと、リストって面白く集まります。

ということで今日は、これを解説します。

基本的なLP戦略


まずはじめに、「LPって何?」という方のために、基本的なLP戦略について、お話をしておきます。

LPとは、ランディングページの略で、1枚ペラのホームページで商品やサービスを販売する販売促進方法です。

th_shutterstock_228070030

LPを使った戦略って、僕が得意とするブログ集客とほぼ真逆にあると言っても過言ではありません。

僕が得意とするブログ集客は、

自分のことを知ってもらう
 ↓
読者さんに興味を持ってもらう
 ↓
読者さんと交流をする
 ↓
読者さんがファンになってくれる
 ↓
自分の商品を見せる
 ↓

自分の商品が買ってもらえる

という導線の戦略です。

このフローをみてお分かりの通り、ゴールまでの道筋が長く、今日の明日でどうなるものではありません。

ブログは育てなければ行けませんし、読者さんとの関係も時間をかけて深めるものですからね。

これに対し、LP戦略は、

LPを作って
 ↓
広告でアクセスを集めて
 ↓

自分の商品を買ってもらう

です。

至ってシンプル。

至ってシンプルなので、LP戦略では、

・どれだけ人目を引く、且つ、わかりやすいLPをつくるか
・どれだけ人目を引く、且つ、わかりやすい広告をつくるか


が、非常に重要です。

というか、導線がシンプルだけに、他に手をかけるものがありませんので、この2つのでき次第で、商品の売れ行きが決まります。

もう1クッション挟む手間をかける


ということで、LP戦略では、通常

広告でアクセスを集めて
 ↓
買わせる


という導線を組むのですが、これって、道路を歩いている通りがかりの人に、超見栄えのいいパンフレットを見せて商品を販売するようなものです。

これ・・・かなり、ハードルが高いですよね。

特に、高額な商品ほど、販売のハードルが高くなります。

では、高額な商品にLP戦略は不向きなのでしょうか?

結論から言うと、そんなことはありません。

LP戦略では、高額な商品を販売するとき程、もう1クッション挟むといいのです。

例えば、

広告でアクセスを集めて
 ↓
メルマガ登録をしてもらい
 ↓
メルマガで商品を販売

です。

shutterstock_567506731

ちなみに、「メルマガ登録」をしてもらうためには、広告を見た人が欲しがるプレゼントを用意しておく必要があります。

例えば、これはそれに当たります。

自分のお客さんにしてから口説くのが早い


勘がいい人は、もうお気づきかもしれませんが、LP戦略に「もう1クッション挟む」ということは、

通りがかりの人に、超見栄えのいいパンフレットを見せて商品を販売する
 ↓
通りすがりの人に、自分に興味を持ってもらい、その後商品を販売する

ということです。

shutterstock_342527414

これをしても、ブログ戦略に比べると、売り手と買い手の関係性は薄いです。

しかし、『メルマガ読者になってもらう=一度自分のお客さんになってもらう』ということですから、「通りがかりの人に、超見栄えのいいパンフレットを見せて商品を販売する」に比べると、コンバージョン率(成約率)は高くなるでしょう。

ちなみに、「メルマガに登録してもらう」のメルマガは、ステップメールであれば、その後のコンバージョン率(成約率)が高くなるのは、言うまでもありません。

ということで、LPで商品販売をしている人は、「もう1クッション挟む手間をかける」をしてみて下さいね。

まとめ


ということで今日は、「LP戦略でコンバージョン率を高める為のもう1手間」というお話でした。

冒頭でお話をしましたとおり、僕はLP戦略ではなく、ブログ戦略を得意とします。

ということで、日頃はブログ戦略を主に集客指導をしているのですが、ブログ戦略をしている人も、本業が忙しくなると「広告」に興味を持ち始めるので、今日は、広告を使ったLP戦略についてお話をしました。

ちなみに、広告を使ってでも「リスト(未来のお客さん名簿)集めが自動化できること」は、凄いことです。

これができると、その後の導線をしっかり作り込むことで、

・販売
・リピート販売


までが、全て自動化できますからね。

今月・来月のお客さん集めに困らなくなってきたら、是非広告+LP戦略にも挑戦してみましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする