商売のランディング思考

今日お店を開けるという行為は10年後の何に結実するのか


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

あなたは、今日をどう生きるか、明日はどんな仕事をするのかを、どのくらい真剣に考えていますか?

これ、僕はアホみたいに真剣に考えています。

なぜなら、僕の毎日は、こんな感じだからです。


今日の仕事はどこに結実するのか


これは学園生にはよく話すことなのですが、仕事って「今日のその仕事がどこに結実するのか」を理解してやるのと、理解せずにやるのとでは、結果が全く異なります。

例えば、あなたがお店を経営しているのなら、今日お店を開けるという行為が、1年後の何に、5年後の何に、10年後の何に結実するのかを立体的に考えて今日の営業をすることが大切です。

こういう考え方を『商売のランディング思考』といいます。

aircraft-328031_1280

この『商売のランディング思考』は、僕も日々考えていまして、例えば今日も、

・プロデュースワーク
・コンサルティングワーク
・障害児者への運動指導


を行うのですが、これら一つ一つが、来月の・来年のどこに結実するのかを考えて、各仕事現場に入ります。

『商売のランディング思考』をもって現場に入ることで、各々の仕事で「今日のゴール」が明確に見つかるのはもちろん、今日の仕事に対する自分の評価も明確にジャッジできるようになります。

誰と合い・何を話すのか


そういう視点で考えると、「今日誰と合い・何を話すのか」で、1年後・5年後・10年後が大きく変わってきそうですよね。

これ、事実変わります。

先日のライフスタイルセミナーではお話したのですが、人生には温度と濃度があります。

例えば、今振り返ると、結婚相手やビジネスパートナーと出会ったその日って、人生の温度と濃度が急上昇した日ですよね。

この「人生の温度と濃度」、次々にビジネスを展開する人って、これをよく理解し、上手に活用しています。

人は、人と出会うことで、人生の温度と濃度が上がったり下がったりしますからね。

今日は、どんな人と会い・何を話すのか。

これちょっと、考えてみてください。

まとめ


ということで今日は、「商売のランディング思考」というお話でした。

ぼーっと過ごしても24時間は過ぎ、一生懸命過ごしても24時間は過ぎます。

でも、上記前者と後者とでは、1年後の未来が大きく異なるのは、考えなくてもわかりますよね。

「どちらが幸せか」はその人次第ですが、僕は、24時間を一生懸命過ごしながら、たどり着きたい未来にたどり着くのが、とても好きです。

あなたは、いかがですか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする