喉から手が出る程欲しいその金を受け取るかどうか

クレーマーが支払った3,000円は、30,000円を払うから無かったことにしてほしい程、厄介です。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

商売を始めたばかりの方には、よくお話をするのですが、

・喉から手が出る程欲しいその金を受け取るかどうか

って、考えないといけません。

money-shark-1673085_1280

3,000円の売上


例えば、駆け出しの頃って、3,000円の商品が売れる(買ってもらえる)って、むちゃくちゃうれしいですよね。

もっと言うと、来月の保証がない時期は、「誰でもいいからこの3,000円の商品を買ってくれ!」って、思いますよね。

でもね、これは超危険だということを、是非知っておいてください。

これは僕の経験談ですが、ずばり、クレーマーが支払った3,000円は、30,000円を払うから無かったことにしてほしい程、厄介です。

売り手と買い手は常にフェア


商売って、売上に余裕があると「ややこしいお客さんには商品を売らない」という選択ができます。

商売って、買いたい人には売らなくてはいけないと思い込んでいる人がいますが、それは間違い。

商売は、売り手と買い手が常にフェアなのです。

しかし、駆け出したばかりで、来月の保証がないときは「誰でもいいからこの3,000円の商品を買ってくれ!」って、なりがちです。

こういうときに、その商品を買ってくれそうな人が現れると、そのお金が喉から手が出る程欲しいと思うのですが・・・ここでよく考えてほしいのです。

「このお金は、自分のこと、自分の商品のことを正当に評価してくれているお金なのか。」ということを。

先にも書きましたとおり、事実として、クレーマーが支払った3,000円は、30,000円を払うから無かったことにしてほしい程、厄介です。

そうは言うものの、しんどいときはしんどい。


「そうは言うものの、しんどいときはしんどいんだよ!」という声が聞こえてきそうですが、それでも、相手がクレーマーやいつもトラブルになるお客さんなら、そのお金は受け取ってはいけません。

なぜなら、そのお金を受け取ったほうが、100倍しんどい思いをすることになるからです。

そういうときこそ、あなたのこと、あなたの商品のことを正当に評価してくれる人が現れることを信じて、ぐっと耐えるのです。

これができた人にだけ、安全なお金(あなたが受け取るべきお金)を持った人が現れるのです。

金額が大きくなると厄介も大きくなる


ちなみに、3,000円でも厄介なのですから、桁が上がれば上がるほど、厄介度数もアップします。

ということで、既に売上が安定している人も、「このお金は、自分のこと、自分の商品のことを正当に評価してくれているお金なのか。」を、いつも考えてみてくださいね。

お金ってあなたのサービス、あなたの商品と代替になるエネルギーです。

ということで、商売が安定している人も、そのお金のエネルギーの大きさ・透明性に、注意してみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする