人生の温度と濃度は常に一定「ではない」

まずは「人生の温度と濃度が高まるパターンを知ること」から始めてみよう!


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

よく学園生に話すのですが、人生の温度と濃度って、常に一定では「ありません。」

例えば、あなたがご結婚されている場合は、パートナーの方と出会ったその瞬間って、『人生の温度と濃度がぐっと高まった瞬間』だったと思います。

couple-1030767_1280

人生の温度と濃度って、目には見えないのですが、これ気温や湿度みたいに、必ず毎日変化しているものです。

商売でもある温度と濃度の変化


この「温度と濃度の変化」は商売にもありまして、僕の場合、レッドカーペットメンバーさんとの出会い、学園生との出会い、ビジネスパートナーとの出会いの都度、商売の温度と濃度がグッとあがります。

昨日は、都内のホテルで5時間くらいビジネスミーティングをしていたのですが、この時間も温度と濃度が高かったため、5時間が1時間くらいに感じました。

長く感じるか・短く感じるか


ちなみに、上記に「5時間が1時間くらいに感じた」と書きましたが、人生の温度と濃度が高い時間は、1時間がとても早く感じられ、人生の温度と濃度が低い時間は、1時間がとても長く感じます。

この「時間が早く感じる・短く感じる」と言うのは、誰もが経験のあることだと思うんですよね。

つまらないバイトとかをすると、1時間が10時間くらいに感じますよね。(笑)

ついでにお話をしておきますと、人の記憶に残るのは、1時間がとても早く感じられる時間、つまり、人生の温度と濃度が高い時間です。

結果を出す人は実践している「環境設定」


これは持論ですが、商売づくり・人生設計が上手な人って、この人生の温度と濃度の変化を、上手に使っている気がします。

例えば、人脈が広い人は、人脈が広がる環境づくり(=人生の温度と濃度が高まる環境づくり)が上手です。

また、クリエイティブな発想が必要な仕事で大きな成果を上げる人は、クリエイティブな発想が浮かぶ環境づくり(=人生の温度と濃度が高まる環境づくり)が上手です。

このように、商売づくり・人生設計が上手な人は、みんな

1.自分の人生の温度と濃度が高まるパターンを知り
2.自分の人生の温度と濃度が高まる環境設定パターンも理解

しているのです。

人生の温度と濃度が高まるパターンを知ろう


ということで、あなたも、「自分の人生の温度と濃度が高まるパターン理解」から、はじめてみましょう。

これ、やり方は簡単で、

1.数年を振り返り自分の人生が大きく変わったきっかけを見つけ
2.それはどんなシチュエーションだったかを紙に書き出し
3.書き出したそれらに共通する事柄を抽出

してみることです。

ある人は「●●さんからの紹介で人と会うときは、いつも人生の温度と濃度が高くなっている!」ということに気がつくでしょう。

ある人は、「●●で本を読んでいる時に、いつも人生の温度と濃度が高くなっている!」ということに気がつくでしょう。

こういうワークをやる機会って、まず無いと思いますが、このワークはとても大切ですので、是非やってみてください。^^

まとめ


ということで今日は、「人生の温度と濃度は常に一定ではない」というお話でした。

上記ワークをやって「人生の温度と濃度が高まるパターン」が分かったら、是非僕にそのパターンを教えて下さいね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする