ブログに「何を書くか」で「出会う人」は100%変わります。

直さんのワードプレスの記事、1記事1記事が「読んで良かった」と思える内容で、ハズレがなく、とても濃いです。^^


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、学園3期メール生で「名古屋大須・女性のための整体・骨盤矯正でゆがみ改善」の松森有紀先生より、こんなご感想をいただきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-13-25-02

直さんのワードプレスの記事、1記事1記事が「読んで良かった」と思える内容で、ハズレがなく、とても濃いです。^^

あと、面白さは、ハウツーのみではなく、考え方(哲学や方針)にも言及があったりするところ。

やっぱり、直さんの講座のテーマの「体系的に」という言葉が表すように、単純に集客だけの話とかではなくて、「利益は事業に再投資しよう」とか「会社化しよう」とかの記事もあって、すごく良いなと思いました。

私は一人でお店を始めて、スクールを見よう見真似で始めて、全体像を認識せずに目の前の事をとりあえずこなす、というのを続けてきたので、直さんの記事を読むと、体系的に・全体を俯瞰する話が出てきて、自分がぼんやり感じていたことが言葉になっているので、頭がスッキリして色々整理ができてきます。

それから、数年間そうとう忙しくて、去年くらいは、ちょっと仕事のペースを落としていたりということをしていたので、直さんの常にMAX!な記事を読んで、気合を入れなおしました。^^;

あとは、例えが面白いです。「たまごかけご飯で我慢できるか」とか。(笑)

早く全部読みたいです♪


松森先生、嬉しいご感想をありがとうございました。

実は、僕のWordPressサイト(今あなたがご覧になっているこのHP)は、「松森先生がお寄せくださったようなご感想が将来いただけたら嬉しいな。」と思って、日々書いているので、こうしたご感想がいただけ、とても嬉しかったです。

あ、「将来こんなご感想がいただけたら嬉しいな」の部分を解説しますね。

誰に何を伝えるか


ホームページと言いますかブログって、「誰に何を伝えるか」が、とても大切です。

この「誰に何を伝えるかが大切」ということは、よく耳にすると思うのですが、それ、耳にするだけでなく、ちゃんと実行していることが重要です。

僕の場合、「教室集客教えます」というコンテンツでアメブロでデビューをしましたが、年月をかけ、沢山のメンバーさんの事例を解決するなかで、ジャンルを問わずに

・事業経営
・集客


を、体系的にお伝え出来る能力が身につきました。

その為、僕のWordPressサイト(今あなたがご覧になっているこのHP)には、

・アメブロの具体的な使い方
・趣味を仕事にしてみようと思っている人向けのコンテンツ


などは、一切書かずに、

・商売人が知っておくべき事業経営について
・商売の広げ方について
・集客のいろは


について、多角的に書いています。

僕は今、上記事柄を知りたい方と、お仕事でご一緒したいのです。

ブログって、書いたことに「興味・共感を持った人のみ」が集まりますからね。

重要なことって角度を変えて何度も伝えることではじめて伝わる


松森先生のご感想に、

直さんの講座のテーマの「体系的に」という言葉が表すように、単純に集客だけの話とかではなくて、利益は事業に再投資しよう、とか、会社化しよう、とかの記事もあって、すごく良いなと思いました。

という一文がありましたが、これ意図的にこのように書いています。

僕は、これまでの経験から、「どんなに重要な事でも、一度では伝わらない。」ということを、切に感じています。

ですので、僕のサイトでは、「重要なことほど角度を変えて何度も伝える」ことをしています。

人は「深く納得すると」行動できるのですが、「なるほどねー」程度では、行動できないんですね。

僕はこれを理解しているので、僕のサイトの読者さんが、僕のサイトの記事を読んで行動できるように、「重要なことほど角度を変えて何度も伝える」をしています。

難しいことほど事例で学ぶ


また、僕のサイトでは、「難しいことほど事例でお伝えする」様にしています。

例えば、このテーマを見て下さい。全部事例です。

・事業経営
・集客

って、基本的に難しいです。

「経営学」という学問があるくらいですから、専門用語も沢山ありますし、詰め込むべき知識も沢山あります。

でも、それをそのまま個人事業者の方にお伝えすると・・・数秒で眠くなります。(笑)

ということで、僕は、「難しいことほど事例でお伝えする」様にしています。

是非、僕の学園生の事例は、何度も読み直して下さいね。

人生は歩いても良し、止まっても良し、走っても良し


また、松森先生のご感想には、

それから、数年間そうとう忙しくて、去年くらいは、ちょっと仕事のペースを落としていたりということをしていたので、直さんの常にMAX!な記事を読んで、気合を入れなおしました。^^;

という一文がありましたね。

僕ね、人生って、「歩いても良し、止まっても良し、走っても良し」だと思うんです。

僕もこれ、全部経験しました。

全部経験して、「齊藤直という人間は、息が切れるくらいのスピードで走り続けているくらいが丁度いい。」ということを知ることができました。

ですので僕は、基本的に走り続けていますし、「一緒に走ろうよ!(頑張ろうよ!)」的な記事が多くなるのだと思います。

でもね、あなたの人生は、あなたの人生。

人生、「歩いても良し、止まっても良し、走っても良し」なんです。

ですので、まずは「あなたに一番あったペースを見つけること」から、初めて見てください。

自分に一番あったペースで走れているときって、とても気持ちいいですからね。

あ、ちょうどいい機会なので、一つ重要なことを覚えておいてください。

それは、「あなたと他人(ヒト)の気持ちいいペースは違う」ということです。

自分に一番あったペースで走れているときって、とても気持ちいいですが、自分にあっていないペースで走ると、すぐに気持ち悪くなります。

ということで、自分と他人(ヒト)を安易に比較しないでください。

これ、重要ですよ。

・人生検定

とかがあったら、ここ、必ずテストに出ます。(笑)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする