通学を決めてからわずか6ヶ月で0だったご新規様が14名!

「店舗改装、または、新店舗づくりを検討する程、毎日忙しいです。」


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先週から募集を開始しました、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園の3期生募集」は、今日を含め、あと4日で終了となります。

今日は、現役学園生で、「豊川の美容室BOZU「美肌スキンケア」が自慢のお店」の西さち子さんより、学園の感想をお寄せ頂きましたので、ご紹介しますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-8-18-31


私は、愛知県で自宅で、母と二人で美容室を行っております。

学園に通学するのはとって魅力的でした、ただ、通学日は私のお店は営業日。

お店を休んでまで通学するか、しないか、でも、お店を休んでしまったらお客さまに迷惑がかかる…。

どうしようかとても悩み、一度は「通学しない」という決断をしました。

そして、そう決断したことを、主人に報告すると、

「通学できない、では無く、出来るように環境を変えればいいんじゃないの?」

「今月通えなくても、来月、再来月から通えるように人を雇うとかして、環境を変えるべきでは?」

と言われ、「ハッ」として、再度直さんに連絡、通学することに決めました。


私が、学園に通学をするために、まずは、環境を整える為に良い人材確保が何よりも必要で、独身時代は、美容師として活躍していたのに、結婚、出産で専業主婦だった美容学校の同期の友達に声をかけました。

そして、通学をはじめてから、2ヶ月で、同期の友達が私の考え方に賛同してくれ、彼女を雇用することになりました。

正直、人を雇える程、金銭的に余裕があるわけではありませんでした。

でも、お客さまに満足していただく為には、自分とお店が成長しないといけないと、切に感じてました。

なのでまずは、自分がやらなくても良い仕事をスタッフに任せ、学園の授業にも参加できるようにしました。


通学してみての感想は・・・とても良かったです!

通学してからと言うもの、新規の方の来店が毎月0〜1人が当たり前だったのが、

・7月は新規12名
・8月は新規14名


の新規お客さまが来店されました。

これは、今までに全く無かった大きな変化です!

また、今日では、お店が混み合いすぎて、お客さまにご迷惑をおかけしてしまっているので、

・店舗を改装
・新店舗を出す


のいずれかをしようと、検討しています。

こういう現実って、通学する前だったら、考えられない状況です。


ちなみに、通学すると、直さんにはもちろん、学園生の先輩に色々相談できるのが、本当に心強く、ありがたいです。

先日も、始めて商売でのトラブルがあったのですが、学園の先輩にそうだんすることで、「即解決」することができました。


私は、愛知から大阪校に通学していますが、行きの新幹線の中では、先月の反省会を1人で行い、疑問点がでたら、それを授業で質問し、解決。

帰りの新幹線では、授業内容の復習を一人で行い、翌日からのサロンワークに活かしています。

主人の一言をきっかけに「通学」をした私ですが、あの日通学することを決めて、本当に良かったです。

直さん、これからも、どうぞよろしくお願いします。

いかがですか?

西さんのこのお話って、とてもドラマチックですよね。

一番側で西さんの活躍を見ているご主人だからできたアドバイスにシビレますし、そのアドバイスを元に自分を信じた西さんの行動が素晴らしいですよね。

また、その行動をした結果、新規の方の来店が毎月0〜1人が当たり前のお店に、

・7月は新規12名
・8月は新規14名


の新規お客さまを来店させ、更には、

・店舗を改装
・新店舗を出す


のいずれか検討しなければ行けないほど、今は、毎日のお仕事が忙しくなっています。

これ、西さんが「通学する」と決めてから、わずか6ヶ月での出来事です。

劇的な変化を生むために必要なのは、「時間」ではなく、「決断と行動」なのですね。


よく、商売(ビジネス)を「頑張り」でどうにかしようとする人がいますが、商売(ビジネス)って、頑張ることが重要ではありません。

商売(ビジネス)で重要なことは、頑張ることではなく、「結果を出すこと」です。

ここ、商売人は、勘違いしてはいけませんから、よく覚えておいて下さいね。

そして・・・次は、あなたが西さんの様な感想を言う番です。劇的な変化を生むために必要なのは、「時間」ではなく、「決断と行動」です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする