人生をかけて、本気で取り組んで、世の中を1mm動かす仕事。

この社会問題に小仁先生は気づいたんだし、この社会問題を解決する人は、この時代に、きっと小仁先生しかいないから。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

今日は、現役レッドカーペットコンサルティングメンバーで、「乳幼児子育てサポート協会代表」の小仁充子先生より、レッドカーペットのご感想をお寄せいただきましたので、以下にご紹介させていただきます。

スクリーンショット 2016-05-07 16.24.52


以下、とても長いご感想ですが、「志をもって仕事をされている方」は、読まれることをお勧めします。

もしかすると、私の名前も見飽きた方もいらっしゃるかもしれませんが…。

2013年8月から、直さんのコンサルを受け始め、丸3年、コンサルを受け続けている、乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

ここ半年、またしても私の心境と仕事の変化があったので、よかったらお読みください。^^

コンサルを受け始めた当初、一人の方に、まさか、3年間も師事し続けるなんて想像もしていませんでしたが、あまりにも仕事の流れ…変化が激しすぎて、あれよあれよという間に、3年も経っていました。

私が直さんのレッドカーペットコンサルを受け始めた時は「兵庫県尼崎市武庫之荘」という、かなり狭い範囲でベビーマッサージ教室を開いている、ふつうのベビー系講師の一人でした。

3年後の今は、北は山形県から、富山も含め、南は広島県まで、50名のメンバーさんが所属する協会(一般社団法人)代表となりました。

売上も、他の業界に比べると額面は少ないですが、常に右肩上がりです。

50名ものメンバーさんを抱えていながら、売上を上げながら…実を言うと、私の自由時間は少しずつ増えているのです。( ̄ー ̄)ニヤリ

どうして、組織が大きくなっているのに、代表である私の自由時間が増えているのかというと、下記の2つが大きい理由です。

・組織の層が厚くなった
・告知するだけで勝手に売れるコンテンツが完成した


それぞれ、どういうことかご説明しますね。

組織の層が厚くなったというのは、私が今まで請け負っていた「インストラクターの育成」を、協会メンバーさんから選抜されたアドバイザーさんが、請け負えるようになったのです。

これね、とてつもなくステキなメンバーさんに恵まれたから、実現できてることなんですけどね♡

今までは、協会に所属するメンバーさん、全員に対して私が、事細かに…ブログの書き方から、募集の仕方、お客さまとの会話の仕方まで、全部、指導していました。

でも、今はアドバイザーさんがしてくれるので、私の負担がかなり軽くなったんです。^^

ちなみに、1年半前は、私は「リアルで会えないメンバーさん」とのコミュニケーションの取り方について、悩み、直さんに相談していました。

今は、アドバイザーさんに、Skype越しでしか会えないメンバーさんとのコミュニケーションの取り方について、アドバイスさせていただいています。^^

1年半前、恥を忍んで直さんに相談して、心から良かったと思えることです。

ぶっちゃけ、私自身は、アルバイトさんを100名くらい抱えるお店の店長をしていた経験もあるので、マネジメントには自信があったんです。(笑)

でも「リアルで会えない」方とコミュニケーションを取るって、ものすごく難しくって。

かなり悩んだんですが、直さんに相談したことでぱぁーーーっと霧が晴れたようにクリアになりました。

そして、お陰さまで、とってもとっても実力があって人格もステキなアドバイザーさんが育ってくれました。(*^_^*)

今、乳幼児子育てサポート協会は、私ではなく、アドバイザーさんがすべてを支えてくれているんですよ。

二つ目の「告知するだけで勝手に売れるコンテンツが完成した」。

これね、本当にすごいことなんですけど…。

2016年8月に「ベビー系資格を取ったその日から 満席教室が作れる! たまご講師のための教室チャレンジ」という教材を販売しました。

この教材は、お一人(平均)12万くらいします。

これ、先日はブログとメルマガを書くだけで、10名の方から応募を頂きました。

テキスト自体は、すでに完成しているので、私がやるべきことは「ブログとメルマガを書くだけ」だったんですね。

それで約120万の売上。これって、本当にありがたいです。

もちろんお申し込みいただいた方には、精一杯のフォローをさせていただいてますが、フォローをするのは、私の決めた仕事時間だけ。

売れるコンテンツがあると、お金と時間が、勝手に手に入っちゃう!という経験をしちゃいました。

ちなみに…もちろん、このテキストは直さんの強力なご協力のもと、完成したものです。^^

そして今、自由な時間が増えた私が、なにをしているのか?というと…。

・大学の研究室と協力して、子育て環境についての分析
・国の研究機関への助成金の申請
・大きなビジネスコンペへの出展の準備
・アドバイザーさんだけが開講できる講座の指導
・全国のインストラクターさんと会う


などです。

つまりは、「産後うつゼロの社会を作る!」という協会の理念を実現するために、今まではできなかった大きな動きをしまくっているんです。

もうね、毎日が、ワクワクの連続です。

私は、誰がなんと言おうと、産後うつゼロの社会を実現させたい!と思っています。

その為には、協会の活動が全国的に広がることが必須。

今までは、限られた時間と場所でしか活動できていなかったのが、直さんのご指導のおかげで、時間も場所も、まーーーーったく制限がなくなっちゃいました!

一年前は、兵庫から名古屋に行くのも躊躇してたのに、今では山形・広島の日帰りなんて、楽勝です。(笑)

それに、直さんと話してると、自分の思考の小ささを痛感するんです。

なおさんって、いわゆるブロックがない。

やりたいことを実現するために、なにがベストなのか? そのために、どんな行動をしたらいいのか?を、的確に教えて下さいます。

それが、どれだけ大きなことだったとしても「やれるっしょ」って、ある意味軽いノリで教えてくださるんです。(笑)

そう言われると「できるかも?」って感じて、行動しちゃうんですよね。

直さんの口癖「ラクショーっすね」があるから、今の私があります。(笑)

この言葉が私の背中を、何度押してくれたか。

ということで、たった3年で、小さな地域のベビーマッサージ講師は、全国で講座を開催し、日帰り出張をし、50名のメンバーさんを抱え、アドバイザーさんという心強い支援者ができちゃいました。

私のこの感想が、どんな職種のどんな立場の方のお役に立てるか、正直に言うと分かりません。

でも、私が言えることは、

直さんに長くついていけば、あなたがやりたいことは、必ず実現できる。むしろ、あなたが考えている以上の大きな広い世界を見せてもらえる。

ということです。

是非今度は、あなたがあなたのやりたいことを実現して下さいね。


小仁先生の感想を読むとなんとなくお分かりになるかもしれませんが、小仁先生が代表を務める、乳幼児子育てサポート協会は、そこら辺の協会ビジネスをしている協会と、ラベルもレベルも違います。

小仁先生が代表を務める、乳幼児子育てサポート協会は、

・産後うつを0にする

という大きなゴールに向けて、これまでの社会が解決することのできなかった大きな社会問題を解決するために、行動しています。

これ、はっきり言って、壮大過ぎる仕事です。
ひょっとしたら、小仁先生が生きている間にゴールを達成できるかどうか、わかりません。

でも、

それでもいいよね。

それでもいいから、正面から、この社会問題に立ち向かおうよ。

だって、この社会問題に小仁先生は気づいたんだし、この社会問題を解決する人は、この時代に、きっと小仁先生しかいないから。

僕に出来ることは、心から応援するので、一緒に頑張ろう。

というお話を、小仁先生としています。

そして、小仁先生は、いま自分の人生をかけえて、毎日、この問題解決のために、頑張っています。


僕たちは、大人です。

大人だから、仕事をする以上、お金を稼ぐって、本当に大切です。

これなくして、仕事は前に進みません。

でも、仕事って「いくら稼いだか」が、全てではありません。

「人生をかけて、本気で取り組んで、世の中を1mm動かすこと」だって、大人だからできる、立派な仕事です。

僕はこういう価値ある仕事に人生をかける人のことを、全力で応援したいと思って、僕も自分のこのの仕事に、人生をかけています。

ちなみに先日、小仁先生の思いと魂に賛同する仲間が、全国に50名を超えました。

この50名の多くの方に、僕はあったことがありません。

でも、この50名を超える方皆さんと、僕はつながっている自信があります。

なぜなら、小仁先生が代表を務める乳幼児子育てサポート協会は、全くの0の状態から、僕が一緒に作ってきたから。

乳幼児子育てサポート協会には、小仁先生のはもちろんですが、僕のDNAも入っているのです。

だから、僕は、まだお会いしたことのない50名を超える協会メンバーさんと「つながっている」自信があるのです。

そしてこのメンバーとタッグを組んで、

・産後うつ0社会を実現したい

と、本当に思っています。

ま、格好いいこと言っていますが、できるかどうかは、やってみないとわかりません。

でも、見えている社会問題から、逃げるつもりもありません。

現場で動くのは、協会のメンバーさんであり、小仁先生です。

でも、僕にできる応援は、僕も必死のパッチでやっていこうと思っています。

そして、それを実行するのが、僕の「レッドカーペットコンサルティング」です。

さぁ、次はあなたの「人生をかけて世の中を1mm動かしたいこと」を聞かせて下さい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする