個人事業者が得られる4つの自由

個人事業者には、場所の自由・時間の自由・お金の自由、そして●●の自由があるのです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、こちらに「誰もが味わえるのに味わっている人が少ない個人事業(自分会社)の3つの醍醐味」

という記事を書きましたが、今日は、「個人事業者が得られる4つの自由」について、お話をしますね。

tandem-skydivers-603631_1280

個人事業者が得られる4つの自由は「3つ+1つ」


個人事業者が得られる4つの自由は、「3つ+1つ」で構成されています。

具体的にご紹介をしますと、

①場所の自由
②時間の自由
③お金の自由


という3つの自由と、これらの自由を得た後にもれなく得られる、

④人生の自由

の「3つ+1つ」です。

一つひとつについて、お話をしますね。

①場所の自由


まず、個人事業者って、「自分の働く場所」を自分で決めることができますよね。

中には、「私は店舗がないと商売ができないので、場所の自由はありません!」という人がいるかもしれませんが、

・その店舗をどこに出すのか
・その店舗と別途ネット店舗も持つのか
・店舗はネットだけリアルのあるのは倉庫だけにするのか


等、店舗を必要とするあなたも、「自分の働く場所」は自由に選べるはずです。

また、僕のように店舗を必要としない商売をしている場合は、本当に働く場所は自由です。

ちなみに今は、静岡駅構内のコーヒーショップで働いています。

②時間の自由


場所の自由に加え、個人事業者には「働く時間の自由」もあります。

個人事業者って、自分が自分のオーナーなので、何時に働いても、何時に仕事を終えても、誰にも怒られることがありません。

もっと言うと、死ぬほど働いても誰も褒めてくれませんが、メッチャサボっても誰にも怒られません。

「仕事をすればしただけの結果が得られる。」

これが、個人事業者なのです。

ちなみに僕は、「早朝から仕事を初めて、日中は遊んだり家事をしたりして、それらが一段落してたらまた働く」という、ライフスタイルです。

めっちゃ自由な毎日です。

お金の自由


それから、個人事業者には「お金の自由」がありますね。

お金の自由とは、「どれだけ稼ぐかを自分で決めることができる」ということです。

例えばサラリーマンの場合は、基本的に「給料」が決まっていますので、どんなに仕事をしようと、年度初めには自分の年収が確実に見えています。

これに対し、個人事業者は・・・年収が青天井です!

つまるところ、サラリーマンは、見えている自分の年収を元に、

・着るもの
・食べるのも
・住むところ

を決めます。

これに対し、個人事業者は、

・着るもの
・食べるのも
・住むところ

を決めてから、それに必要なお金を稼ぐということができるのです。

なんとも、贅沢な生き方ですね。

もれなく得られる「人生の自由」


上記にご紹介した、

①場所の自由
②時間の自由
③お金の自由


という3つの自由が得られると、個人事業者はもれなく

④人生の自由

を得ることができます。

ちなみに、人生の自由を得るためには、「収入の自動化(不労所得の獲得)」をしなくてはいけませんが、これができるのも、個人事業者の醍醐味ですよね。

まとめ


ということで今日は、「個人事業者が得られる4つの自由」というお話でした。

是非、あなたも4つ目の自由までゲットしてください!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする