ブロガーなら理解しておきたい「わかっているようでわかっていないことが殆どだという事実」

あなたは「リーマンショック」をきちんと説明できますか?


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

世の中、「わかっているようでわかっていないこと」って多いですよね。

745668dac97914c8ffb6d069679af8a4_m

例えば、「リーマンショック」なんてそうなんじゃないかなって思います。

リーマンショックを説明できますか?


「リーマンショック=世界が震撼した金融問題」ということはわかっているひとが多いと思いますが、「リーマンショックをわかりやすく説明して!」というと、???となる人が多いと思います。

ということで、「リーマンショック」でぐぐったら、一撃でこの記事が出てきました。

スクリーンショット 2016-08-08 9.38.59

素晴らしすぎる記事ですね。

ちなみにこれ、

「リーマンショック 小学生」

でググりました。

「●● 小学生」でググる


なんでもそうなのですが、

「●● 小学生」
「●● 小学生でもわかる」

とかで調べると、非常にわかりやすい解説が出てきます。

試しに「税法 小学生」とかで検索すると、小学生のうちから日本の税法をしっかり理解させようという国税庁の努力が見られます。(笑)

ググるのはいいけど、ググられたら終わり!


ちなみに、

「●● 小学生」でググるのはありですが、あなたが書いている記事の中のキーワードを「●● 小学生」でぐぐられたら、お終いです。

これを回避するためには、まず専門用語を使わないことが大切ですが、どうしても使わなければいけない場合は、

・専門用語(ここに小学生でも分かる解説)

というようにすると、いいでしょう。

あ、言うまでもないと思いますが「小学生でも分かる解説」は、簡単な一文じゃないとダメですからね。

小学生でも分かる解説が3行にも及ぶとかって、完全にNGです。

解説が3行もある時点で、小学生の理解を越えますからねー。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする