「コンテンツマーケティング」って、ご存じですか?

数年前から、インターネットを介して行われている商売の主流がコンテンツマーケティングです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

あなたは、「コンテンツマーケティング」って、ご存じですか?

コンテンツマーケティングとは?


わかりやすく解説をしますと、コンテンツマーケティングとは、

未来のお客さんにとって価値のあるコンテンツ(情報)を提供し、自分の発信や意見に興味を持ってもらい、結果として自身の売上げにつなげる戦略

のことです。

ちと、難しいですね。

ちと難しいですが、世の中のインターネットを介して行われている商売は、数年前から、このコンテンツマーケティングが主流で、今日もこれは変わりません。

事例で見てみましょう


例えば、先日「うまいなー」と思ったこれ。

スクリーンショット 2016-07-09 8.47.34


ドロップボックスといえば、クラウドサービスの老舗です。

そんなドロップボックスが書く記事って、一昔前なら、

・まだHDDなんてつかっているの?
・HDDよりクラウドでしょ。
・HDDよりクラウドが優れている7つの理由


とかいう記事を書くのですが、今は違います。

今は、クラウドサービスの老舗のドロップボックスが

「外付け HDD の寿命診断方法と寿命を伸ばす 5 つの方法」

という記事を、書いているのです。

これが、コンテンツマーケティングです。

解説しますと


先にも解説をしましたが、コンテンツマーケティングとは、

未来のお客さんにとって価値のあるコンテンツ(情報)を提供し、自分の発信や意見に興味を持ってもらい、結果として自身の売上げにつなげる戦略

です。

この視点で、ドロップボックスの記事を見てみると・・・しっかりと、未来のお客さんにとって価値のあるコンテンツ(情報)を提供をしていますよね。

ソレに、記事の最後には、しっかりと自社サービスにつなげています。

非常に教科書的な、コンテンツ記事構成です。

アメブロじゃ難しいけど、WordPressでは有効


こういう記事作りって、アメブロだと難しいですが、WordPress(ワードプレス)等のホームページでは、とても有効です。

というか、ついでに言っておきますと、アメブロにコンテンツ系記事を書いて、SNSの中からアクセスを引っ張るって、そもそも論でアメブロの使い方が正しくありません。(汗)

アメブロは、後にも先にも「横繋がり」が大切なんですからね。

これ、よく理解しておいて下さいね。

勉強してみましょう


ちと話が脱線しましたが、ということで今日は、「コンテンツマーケティングって、ご存じですか?」というお話しでした。

今スグコンテンツ系記事を書けと言っても難しいと思いますが、上記ドロップボックスの記事の様な「お手本になる記事」をたくさん見て、勉強するところからスタートしてみましょう。

例えば、「網戸 掃除」なんて検索すると、面白いコンテンツマーケティング記事がでてきますよー。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする