税理士さんは今日までのお金を見ますが、社長のあなたは今日からのお金を見ましょう。

今日からのお金は「未来からの逆算」でみることができます。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい個人事業者の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、

「税理士の先生に、今期の現状を踏まえ、来季はこのようにされては・・・」とお話しをもらったのですが、この税理士の先生がいうプランが、私のプランとは異なります。

こういう時って、どのように考えたら良いと思いますか?

と、ご質問を頂きました。

accounting-57284_640

どのお金を基準に考えるのか


これはよく、レッドカーペットコンサルティングメンバーさんにお話しをすることなのですが、税理士の先生は、今日までのお金を見て物事を判断するプロです。

これに対し、あなた(社長)は、今日からのお金を見るプロでなければ、いけません。

今日からのお金って、今日からの事業計画が頭のなかに入っているあなた(社長)にしか、見えないからです。

加えてお話しをしますと


上記で、

・税理士の先生は、今日までのお金を見て物事を判断するプロ。

というお話しをしましたが、これ、もう少し突っ込んでお話しをしますと、

・今日までのお金を見て物事を判断する人=税理士さん、銀行さん

です。

税理士の先生はもちろんですが、銀行さんも「今日までのお金」で物事を判断しますので、例えば、あなたの会社が過去3年赤字が続いている場合、銀行さんから融資を受けるのは、まず無理です。

銀行さんは、「返す能力のない会社さんにお金を貸す様な危ないこと」はしませんからね。

これ、よく覚えておいて下さいね。

今日からの未来を見て判断するってむずかしい


今日からのお金って、今日からの事業計画が頭のなかに入っているあなた(社長)にしか、見えないのです。

というお話しをしましたが、今日からの事業計画を見て、今日からのお金を見るって、中々むずかしいですよね。

難しいので、「僕の様な役割の人」がいるのだと思います。

僕の名刺には「ビジネスプロデューサー」という肩書が書いてありますが、「社長に変わって未来を見る仕事=ビジネスプロデューサー」だと、僕は考えています。

未来を見るセルフトレーニング


「未来を見る」っていうと、なんだかスピリチュアルな感じがするかもしれませんが、そんなことはなく、とても簡単なワークで、未来って見ることができます。

ということで、今日はあなたが、セルフトレーニングとして「なりたい未来」を見てみましょう!

具体的には、

1.「1年後に達成したい未来」をノートに書いて

2.その未来を達成するためには、今日から12ヶ月間は、何をどの順で行えばよいのかを逆算

します。

これ、楽しいワークですので、是非やってみてくださいね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする