どんなキーワードを使うかで誰が集まるかが異なる

新しくなった、僕のホームページ(これ)では、以前のソレと「使用しているキーワード」が異なります。さて、それは何でしょう?


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

新しくなった、僕のホームページ(これ)では、以前のソレと

・使用しているキーワード

が異なります。

さて、それは何でしょう?

seo-963269_1280

どんなキーワードを使うかで誰が集まるかが異なる


これはよく学園メンバーに話すことなのですが、「どんなキーワードを使うかで、誰が集まるかって異なります。」

ちなみにこれ、

・ブログ
・メルマガ


等、のインターネット媒体はもちろんですが、

・チラシ
・ポスター


等、のアナログ媒体でも、同じことがいえます。

ということで、今日は折角のチャンスなので、自分のブログ・メルマガ・チラシを見なおして、自分が「どんなキーワードを選んでいるか」を、観察してみましょう。

新たに導入するキーワードは「乱射」が大事


ちなみに、僕のように、「新たなキーワード」を導入する際には、「乱射」が大事です。

なぜなら、あなたが、僕が使っている「新たなキーワード」に気づいていないように、読者さんは、あなたの使う新たなキーワードに、そうそう気づきません。

キーワードって、念仏のように、何度も何度も耳に入って、目にして、初めて「その言葉とその人(発信者)」が繋がります。

ですので、一度や二度書いておしまいではなく、毎日の記事で、複数チャンネルで「乱射」することが、大切です。

ということで、僕もここで新たなキーワードを使うのはもちろん、

・アメブロ
・メルマガ


でも、最近は、「そのキーワード」を乱射しています。

で、答えは?


ということで、僕のアメブロやメルマガを読んでいる人は、

・このホームページ
・アメブロ
・メルマガ


を見て、最近、僕が多用している「新たなキーワードは何なのか」を、ぜひ見つけてみてください。

あ、わかったら、是非こちらから、あなたの答えをお聞かせ下さいね。^^


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする