その出費のライバルは何か?

パートさんを雇うか、Macを買うか。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日、ふと思いついて、「今僕が使っているMacはいくらで購入したのか」を、調べてみました。

そうしたら、「187,238円」だったことが、分かりました。

mac-459196_1280

僕は、MacBook Pro を愛用しているのですが、この1台で全ての仕事をこなすので、購入時には、そこそこハイスペックにして買っています。

それが、「187,238円」だったわけです。

月割、日割りをしてみる


このMac、既に2年半(30ヶ月)使っているので、月割すると、毎月6,241円の負担をしてきたという計算になります。

ちなみに、現時点の使用日数で日割りしてみると、1日当たり208円の負担であったことが、わかります。

208円って、スタバの「ドリップコーヒー・ショート」より安いです。(笑)

その出費のライバルは何かを考えてみる


これはよく学園生にお話しをするのですが、お金を使うときは「その出費のライバルは何か」を考えてみると、そのお金を使うべきか、使うべきでないかが、一瞬で判断できるようになります。

例えば、上記Macでいえば、出費のライバルは「人件費」です。

僕の指示を聞き、バリバリ仕事をこなしてくれるのは、Macまたは社員さん(パートさん)ですよね。

でも・・・

30ヶ月、何も食べず、文句も言わず、毎日24時間体制で僕の為の働き、日給208円でいい人って世の中にきっと居ません。(笑)

ですので、僕のMacは「買うべきだった」ことが、良く分かります。

これまでの時代のお金の使い方、これからの時代のお金の使い方


これからの時代、

・ネット環境
・PC(タブレット等含め)の環境
・自分の知力を上げるもの


の投資は、惜しむべきではありません。

なぜなら、これからの時代は、ここに投資した分だけ、自分の利益が増えるからです。

逆に、これからの時代、気張って投資をしなくていいものは、

・車
・服
・時計
・バッグ
・靴


とかですね。

(あ、もちろん、それらの購入の為に仕事を頑張れる人は、仕事をがんばった分、車、服、時計、靴を買ってください。)

僕の周りの、メチャクチャ稼いでいる皆さんも、

・車は所持せず
・家は借家で
・時計はGショック


という人が、少なくありません。

こういう現状って、僕達の父親の時代はありえなかったでしょうが、今は「持ち物」でステータスが決まる時代では、完全に無くなったのです。

では、今の時代は、何でステータスが決まるのかというと・・・

・誰と出会い
・何を考え
・どんな行動(仕事)をするのか

つまり、「生き方そのもの」です。

まとめ


お金って稼ぎ方も大事ですが、使い方も大事です。

ぜひ、お金を使うときには、「その出費のライバルは何か」を考えてみて下さいね。

ちなみに、上記「ライバルは何かを考えてみる」は、値付け(プライシング)の時にも、使える考え方です。

長くなるので、これはまた別の機会に書きますね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする