「忙しくて募集ができていなかった個人カウンセリングを再開募集したら、20分で満席になりました。」

「矢内原ウィメンズクリニック」で漢方外来も担当されている住吉忍先生の事例

こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日「妊娠実績360名!不安な妊活を卒業できる漢方で行う不妊治療」の住吉忍先生から、

「忙しくて募集ができていなかった個人カウンセリングを再開募集したら、20分で満席になりました。」

と、ご報告を頂きました。

スクリーンショット 2016-06-11 8.36.29
住吉先生は、昨年から「矢内原ウィメンズクリニック」で漢方外来を担当されていて、今毎日が目の回る忙しさです。

お子さんもまだ小さいので、

・ママ業
・主婦業


は、普通に忙しいわけです。

その中で「一人でも多くの不妊に悩む方の為になりたい!」と、

・クリニックでの外来のお仕事
・個別カウンセリング


を、頑張っていらっしゃいます。

あまりにスケジュールがパンパンなので、個別カウンセリングは「早朝コース」もあるとのこと。

凄いですよね。

ちなみに、なぜ忍先生がこんなにも頑張れるんだと、思いますか?

正解は・・・

忍先生は、

・ライフワーク



・ライスワーク

が同じだからです。

言い換えると、「人生をかけてやりたい仕事=お金をいただける仕事」なわけです。

こうなると、毎日の仕事が楽しくて楽しくて仕方がなく、やればやるほど自分の中にもエネルギーが充電されていく状態になります。

自分の24時間を自由に使える個人事業者として仕事をするなら、こういう仕事の仕方をしたいですよね!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする