商売(ビジネス)は「掛け算」で成立している。

7,800円の商品で1億円ビジネスは作れます!


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

よく「1億円稼ぎましょう!」とかいう本とか、サイトとか、ありますよね。

DSC_6332
こういうのを見ると、

「かね、カネ、金かよ!」

と思ったり、

「1億なんて、私には関係ないな。」

と思ったり、しませんか?

「思います!」という方には、今日お伝えする視点を、是非持っていただきたいと思います。

1億円は普通に稼げる?


1億円って、すごい金額ですね。

一般的には、宝くじでのみ聞くべき数字かもしれません。(笑)

でも、この1億円という金額、「支払う」ことを考えるとやっぱりすごい金額ですが、「稼ぐこと」を考えると、そう大したことはない金額だということが、分かります。

7,800円×1,200人×12ヶ月


「何を言っているんだ、1億円なんて稼げないだろ!」という人は、怒る前に、この数式を見てください。

・7,800円×1,200人×12ヶ月

ただの掛け算なので、誰にでも解くことができますよね。

この式の解は、112,320,000円です。

わかりやすく書くと、1億1232万円です。

どうですか?

7,800円の商品を販売しても、売上を1億あげるって、普通にできることなのです。

ポイントは2つ


上記数式のポイントは2つです。

1つ目は、7,800円の商品が、毎月課金型モデルであること。

毎月課金型とは、

・顧問契約
・期間契約
・月謝制度


等色々ありますが、毎月定額でサービスを提供することを指します。

そして、2つ目は、お客さんは1,200人でいいということ。

1,200人という人数もものすごい数に思えるかもしれませんが、今の日本の総人口が、1億2700万人くらいなので、日本の総人口の10万人に1人が、あなたのお客さんになってくれればいいわけです。

こう考えると・・・なんか普通にできそうですよね。^^

ビジネスは掛け算


商売(ビジネス)でつくる「売上」とは、

・単価いくらの商品を
・何人に売ったか


で成り立ちます。

上記に書いた事例を、例えば、「毎月課金型モデルではないもの」にした場合、1億1232万円を作るには、お客さんが14,400人必要になります。

しかし、7,800円の商品を毎月課金型モデルにすると、お客さんの数は、わずか1,200人でよくなるのです。

ビジネスって、びっくりするほど掛け算でしかないのです!

まとめ


いかがですか?

今日の記事を読んで、「あ、なんか1億円のビジネスが作れそう!」という気になってきましたか?

「なってきました!」という方は、是非1億円ビジネスの実現に向けて、あなたの商品の数式を書いてみてくださいね。

商売(ビジネス)は、掛け算で成立しているのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする