「人生のすべては実験である」思想家エマーソン

僕は常々、「人生はTVゲームのようなもの」だと考えています。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

先日読んでいた本に、

「人生のすべては実験である」

という思想家エマーソン(1803-1882)の言葉が書かれていて、はっとしました。

emerson400

人生はTVゲームのようなもの


よく妻とはこの話をするのですが、僕は常々、「人生はTVゲームのようなもの」だと考えています。

どういう意味かというと、人生は時系列の中で、

・人と出会い
・様々な経験をし
・学問を学び
・商売(仕事)をし
・お金を得る

という、基本的な物語があります。

そして、その物語の中で、

・どんな人と出会い
・どんな経験をし
・何を学び
・何を事を考え
・どんな行動をするか


によって、結果が異なるわけです。

これって、正にTVゲーム(ロールプレイング)ですよね。

例えば、

・ドラゴンクエスト

というTVゲームは同じでも、その中で展開されるストーリーは、100人のゲーマーがいたら100通りあるということと似ている、ということです。

人生はドラゴンクエスト!って考えると、ちょっとユニークですよね。

ゴールが大切


ちなみに、ドラゴンクエストには、予めゴールが設定されていますが、人生という物語にはゴールは設定されていません。

「ゴール設定から物語をスタートできる」というのが、人生という物語の一番の醍醐味かもしれませんね。

ちなみに、人生という物語は、たどり着きたいゴールがあると、朝起きる度にとてもドラマチックなものになりますが、ゴールがないと、その物語は、来る日も来る日も同じお話しの繰り返しを読むことになります。

これ、心当たりがあるのではないでしょうか?

実は、何度でもやり直せる!


また、僕が「人生はTVゲームのようなもの」と考える理由に、

・人生は何度でもやり直せる

ということがあります。

これは、生まれ変わるとかそういうことではなく、

・学校は2回3回行ってもいいし
・事業は何度でもやり直していい
・いっその事出稼ぎなどで生きる土地と環境を変えて0からやり直してもいい

というのが、人生という物語ですよね。

これって、「リセットボタン」を押せば、何度でもやり直せるTVゲームに似ていますね。

電源を切らなければエンドレス!


つまり、人生という物語は、「電源を切らなければエンドレス!」なのです。

こう考えると、怖がること無く、不安の前払いをすること無く、たどり着きたいゴールに向かって、どんどん進めそうですよね。

まとめ


なんだか、ちょっと壮大な話になりましたが、

「人生のすべては実験である」

という、思想家エマーソンの言葉にはっとさせられ、自分の考えと行動を振り返ることができました。

偉人の言葉には、エネルギーがありますね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする