ブログに使う写真を替えると、出会う生徒さん(お客さん)が変わる。

ブログに掲載すべき写真は、「その人・その会場の空気感」が伝わる写真


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

僕が校長を務める「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」では、よくお話をするのですが、ブログでは「どんな写真を使うか」がとても大切です。

frog-881654_1920

よく「今は動画時代なので、ブログにも動画を貼るといいですよ。」という人がいますが、ブログと動画って、相性が良くありません。

結論から言うと、ブログに動画を貼っても、殆ど見られていません。

動画って、1クリックをしないと再生されませんからね。

これが、ブログにおける「1クリックの壁」です。

ということで、ブログには、動画ではなく「写真」を掲載しましょう。

ブログにはどんな写真を使うといいのか


というと、「ブログにはどんな写真を使うといいのでしょうか?」という質問をいただきそうなので、コレについても、書いておきますね。

先に答えから言っちゃいますと、ブログに掲載するといい写真は、

・その人、その会場の空気感が伝わる写真

です。

いい写真は、その1枚から「その人・その会場の空気感」が滲み出ます。

ということで、ブログには「写真から滲み出る空気感」も計算して、どの写真をどの記事にに使うのかを、考えたいのです。

僕も時代によって見せ方が違う


例えば、僕のヘッドに使っている写真を見てください。

ssab07wp02a

これは、未来の生徒さん(お客さん)に、講師の僕をアピールした写真です。

このヘッドは、(講師の)僕の空気感が滲み出る様に、この写真を選択、3年前に作りました。

でも、今もこういうスタイルでセミナーや学園の授業をしているかといえば、全く違います。

今は、こんな格好で、セミナーや学園の授業行い

13396676_1387274304621494_909448628_o

セミナーや学園の授業の最後には、会場がこんな空気感に包まれます。

13323337_1201429763235364_7515750726497504870_o

こう見ると、3年前と今とでは、「僕の講師としてのスタイルが異なる」ことが、よく分かりますよね。

写真を入れ替える=今後出会う生徒さん(お客さん)が変わる


ということで、僕は、近くこのブログ内の僕(写真)を、全部入れ替えます。

ちなみに、

・写真を入れ替える=ブログから滲み出る空気感が変わる

ので、結論から言うと、写真を入れ替えることによって、

・今後出会う生徒さん(お客さん)も、変わる

ということです。

まとめ


いかがですか?

写真って、奥が深いですよね。

たかが写真、されど写真です。

ブログって、まだあなたにあったことのない人もみる「あなたチャンネル」なので、ブログで自分をどう表現するかは、じっくり戦略を練りたいところです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする