人脈作りや集客に効果的なSNSとは?

SNSと一言に言っても、実はプラス面もマイナス面も色々なのです。


こんにちは、「事業経営と集客を体系的に学びたい教室講師の為の人気教室学園」校長の齊藤直です。

皆さんは、日頃SNSって、何を一番使っていますか?

僕は、facebook・・・とい言いたいところですが、FBは殆ど使っていませんで、一番使っているのは、Twitterです。

network-1150082_1920

僕は、コンサルティングワークと別途、複数の教室も主宰していますが、これら教室で活躍するコーチや、未来のコーチと繋がるのも、基本Twitterです。

ちなみに、Twitterといえば、先日の熊本の震災でも、現地での情報収集にはTwitterが一番の大活躍でしたよね。

SNSと一言に言っても色々


昨今、あちこちでSNSという名称を耳にすると思いますが、SNSと一言に言っても、実は色々です。

例えば、上記にご紹介したTwitter。

Twitterは溜まらないSNS媒体ですが、拡散力が飛び抜けて早く強いSNSです。

だからこそ、災害時にも活躍するんですよね。

続いて、facebook。

facebookは、新旧の知人友人と繋がったり、一度の出会いを継続させたりするには、効果的なSNSです。

しかし、だからこそ「自分自身がfacebookでは誰とつながっているか」をよく理解して情報配信をしないと、1つの配信が、人との縁を切ることに繋がり兼ねません。

また、facebookで行うネガティブな発信は、あなたの他者評価を確実に下げます。

これは、覚えておきたいことです。

年齢別にも使うSNSが異なる


上記に書きましたが、僕が教室事業で活躍する未来の学生コーチと繋がるSNSは、断然Twitterです。

その理由は、大学生が使う主なSNSがTwitterだからです。

主対象がTwitterを使うから、僕らもTwitterを使うのです。

すると、出会う確率が高いんですね。

これ、超大切です。

上記のポイントは、僕やあなたが主に使うSNSは何かは、意図的に対象とする人と出会うことに関しては、一切関係が無いということです。

この理論で言うと、「流行っているから」という理由だけでInstagramを使うとか、もはや意味不明なわけです。

まとめ


facebookを見ていると、よく「facebookで集客!」というコンテンツがゴロゴロ転がっていますが、あなたが使うべきSNSは、
・繋がりたい相手の年齢層
・繋がりたい相手が主に使うSNSは何か

をしっかりとリサーチする必用があるわけです。

facebookを使えばいいとかよくないとか、そういう話では無いのですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする